【感想記】アイドルタイムプリパラ 第5話「プニコンのマネージャー修行クマ!」

別に好きでも何でもないが、いるとハリが出る。自分にとってクマはそんな存在である。

アイドルタイムプリパラ 感想記事まとめ

自家製あらすじ

ゆいのマネージャーであるプニコンはどのような仕事をすればいいか理解しておらず、レッスン室の予約すらできない状況。ちょうどそのとき、SoLaMi SMILEのマネージャーであるクマがパパラ宿へやってきていた。ゆいとらぁらは一応はマネージャーとしての先輩であるクマに、プニコンの指導を依頼する。自己顕示欲の塊と化した淫獣のクマは、それを快諾するのであった。

プリパラ初期を思い出す回

クマの指導にアイドル達が辟易とするという構図は初期のプリパラを思い出させてくれた。実際に過去に登場したレッスン道具が登場したし、また「プリパラに来ないアイドルは仮病で同情を誘う」という方法も前作2話においてクマがらぁらに使った手であり、継続して視聴してきたファンには嬉しい要素が散りばめられていたように思う。

懐かしの「握手アンドロイド」。握手力がどういうものなのか、そしてアイドルにこのような場面が本当にあるのか。その実際のところは誰にもわからない。

悪夢は繰り返される。

過去の被害者の方

そして過去にもあった平均台でのウォーキングと、申し訳程度の囲碁要素。らぁらは相変わらず苦手なようだ。

囲碁で思い出したが、プニコンの中の人は東堂シオン役の山北早紀である。声のギャップに驚かされると言いたいところだが、過去に「シオぽよ事件」があったわけなので、特には驚かない。ただその演技の幅は素晴らしいと言わざるを得ないだろう。プニコンはもともと可愛いが、中身がシオンだと考えると1.6倍ぐらい可愛さが増すように思えるような思えないような。

ハイスペック夢川

回を追うごとに思うのは、夢川ゆいの潜在能力の高さである。クマの特訓もそつなくこなしていたし、またアイドルの研究を続けてきただけに既にサインも完成されている(らぁらがあの面倒なサインを完璧に書いているのも感慨深いが)。

マジキチ妄想癖の陰に隠れがちだが、アイドルとしては間違いなく天才の部類に入りそうである。以前にも言ったように、そういう点も含めて白玉みかんと被るところが多いが、ゆいの場合は主に努力によってその才能を伸ばしてきたのだろう。パパラ宿にプリパラができる前に、ゆいがどのような生活を送ってきたのかの描写は気になるので是非やってほしいと思う。

塔で眠る女の子

オープニングにいた謎の女の子が本編で初めて登場した。なんとなくファルルを想起させる。

彼女がどういった存在なのかは何一つわからないが、どうやらプリパラ内で進展する要素(ライブが行われたりとか)があったときに短時間ではあるがハープを奏でるらしい。プニコンが目覚めを待ち遠しそうにしているあたり、おそらくはパパラ宿のプリパラの守護者(女神?)のような立ち位置に思える。巨大なアイドルウォッチの中に入っていたので、文字どおり時が来れば自然にゆい達の前に姿をあらわすだろう。そのときに味方する存在なのか、はたまたラスボスなのか。

次回、男プリ襲撃

次回はいよいよ謎に包まれていた男プリへと侵入することに。こうなるとライブが気になるが、期待できるのではないだろうか。今回のライブは2話と3話の使い回しだった。これは来る6話の男プリに向けてスタッフが力を溜めているようにしか見えない。キャラが立っていた男プリ親衛隊との絡みも面白そうだし、楽しみにしよう。

【本日の一枚】

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)