【感想記】ひみつのアイプリ 第3話 「生徒会のひみつのレッスン」

ひみつのアイプリ
【公式】アイプリちゅ〜ぶ」にて最新話が無料配信中!
春アニメ『ひみつのアイプリ』第3話あらすじ&先行カット | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】

あらすじ&場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

生徒会の使命

生徒会のプロデュースの一環として、レッスンに参加するひまり。ここまではなかなか個々を掘り下げることのできなかった生徒会の4人だが、今回でその大枠が明らかになってきた印象だ。例えばレッスンの指導担当をしていた副会長・二階堂タマキは可愛いもの好きな一面があり、レッスンを失敗するひまりに対しても「かわいい~」という理由だけで全肯定してしまう。またデータ分析を得意とする四之宮リンリンだが、「1234」などの好きな数字の並びを見ると柄にもなく興奮してしまうとのこと。今後、この取ってつけたような個性が活きる場面は訪れるのだろうか。

生徒会全体で言えば、アイプリを自粛させようとする学園長とは当然ながら対立している様子。「アイプリの素晴らしさを広めるという使命がある」と語る生徒会長だが、その目的は「伝説のコーデ」を見つけることのようだ。伝説のコーデは「真のアイドルプリンセスが目覚めるとき」に現れるとのことだが、会長はひまりがその鍵を握っていると読んでいるからこそプロデュースに打って出たのだろう。おそらくシーズン1の中核を担うテーマになると思うのだが、ここに関しても過去作を踏襲した王道展開で安心感がある。

またみつきやチィの会話のなかから「ルビー=ラズリ」「アイスマイリン」というアイプリの頂点に輝いたデュオの存在が明らかになったが、シルエット的に前者は一条寺サクラ&二階堂タマキの、後者は三ツ葉アイリ&四之宮リンリンのデュオのようだ。それだけの実力者がなぜバズリウムチェンジを出せなかったのかという疑問は残るが、とりあえずは「デュオ」というチーム要素が登場したことで今後の展開に期待が持てそうだ。

ひまり、デビュー

一方、根を詰めすぎなひまりを心配したみつきは、気分転換にとアイプリバースに遊びに誘う。「アイプリバース」についても現状では謎が多いが、コスメショップやスタジオ、自由に使える控え室が存在するなど、女の子の理想の空間である「プリパラ」に近い場所という印象だ。

物思いにふける表情が目立つひまりだが、どうやらアイプリになったことにまだ戸惑いを抱えている様子。これまではアイプリは憧れであり、いつか自分もなりたいと思ってはいたものの半分は諦めているような状態だった。ひまりにとってデビューはもちろん嬉しいことには違いないのだろうが、気持ちがまだ追いついてないというのが正直なところなのだろう。

そのとき、突如として謎の少女(CV:久保ユリカ)がひまりの前に現れる。悩むひまりに対して彼女は「ひまり。大丈夫?」「ひまりのライブ、好き」とだけ言って姿を消してしまった。OPで幼少期のひまりと謎の少女が一緒にいるカットがあるが、ひまりが一瞬だけ転移した海岸も二人の過去に関連する場所なのかもしれない。

戸惑うひまりだったが、そのときアイプリブレスにライブリクエストのメッセージが届く。アイプリバースではアイプリに対してライブのリクエストを行えるシステムがあるらしい。生徒会の三人はまだ時期尚早と見てリクエストは受けないほうがいいとするなか、会長だけは「ひまりならやれる。私にはわかる」と言い切る。ライブ前の通話でもひまりに対して「大切なのは技術じゃない。全力で楽しむことだ」「だからひまり。楽しんでくれ、アイプリを」と完璧なエールを送るなど、会長の人格者ぶりがとにかく目立っていた。第2話まではセリフの大半が「面白い」を占める“おもしろお姉さん”という印象だったが、今回で一気に株を上げた印象だ。ひまりにとっても心強すぎる存在だろう。

ひまりが心に戸惑いを感じながらもステージに上ったのは「私を見てくれる人のため」という理由である。一見すると自己主張が薄いようにも感じるが、言い換えればひまりは足りなさを自覚しても他人のために一歩を踏み出す勇気を持っていると言えるし、それが彼女の最大の強みなのだろう。会長が言及していた「最高のステージ」に立ったひまりはアイプリとしての自信と自覚に目覚め、再びの大盛況のなかでライブを終えた。

ライブ後、「私、アイプリのひまりです!」と観客に向かって挨拶すると、「未登録」だった名前欄が「ひまり」へと変化。ここからがひまりのアイプリとしての真のスタートラインということなのだろう。粋な演出すぎて神アニメを確信した。

今回は“影の第1話”とも言える濃密な内容だった。それぞれのキャラクターが個性を発揮しつつも、上記のような胸の震えるシーンが盛り込まれていた。ひさしぶりの新作ということで懐疑心が多少はあったのが正直なところだが、今回でそれは完全に払拭されたように思う。次回以降も『ひみつのアイプリ』を全力で楽しんでいきたい。

次回、第4話「ドキドキ!初めての参観日」

次回は授業参観がテーマ。ひまりの家族がなぜか全員で来ている段階ですでに何かがおかしい。立ち位置がいまいちわからなかった初等部の少年・ゆうまも関わってくるらしいので期待したい。

今日はパラダイス学園の授業参観日。ひまりの家族はパパ・ママ・妹のひいろ、全員で来ることに。気合い十分のひまり家族は、朝早くから来て学園内を見学。 すると、遅刻しそうになった初等部の少年・ゆうまと、ひいろがぶつかってしまう。その時、ポケットからリップスティックが落ちてしまったことに気づいていないひいろ。そのリップは、ひいろにとって大切なひみつのリップだった。

各話エピソード - 『ひみつのアイプリ』アニメ公式サイト

コメント