プリティシリーズ最新作『ひみつのアイプリ』始動!

プリティシリーズ最新作『ひみつのアイプリ』始動! ひみつのアイプリ

昨年のウィンターライブで情報解禁となった新作アニメだが、そのタイトルが『ひみつのアイプリ』であることが発表された。公式配信ではその他にもティザー映像やストーリーについて公開されていたため、諸々の情報をまとめつつ雑感を綴っていきたい。

「ひみつ」と「アイプリ」の意味

本作は新シリーズとしては初のダブル主人公であることが特徴。「キンチョーしぃで泣き虫だけど、おともだちを1万人つくるのが夢」だという青空ひまり(CV:藤寺美徳)と、「クールでまじめ」な性格の星川みつき(CV:平塚紗依)を中心としてストーリーが展開されていく。個人的には藤寺美徳が主役として抜擢されたことが嬉しい。

『ひみつのアイプリ』のタイトルの意味として、まず「アイプリ」は「アイドルプリンセス」の略称であるようだ。『ワッチャプリマジ!』における「プリマジスタ」のようなものと捉えてもいいだろう。みんなの憧れである「アイプリ」にひょんなことからデビューすることになってしまったひまりは、親友であるみつきに「ひみつ」を抱えることになってしまう。しかし一方のみつきもひまりに対して「ひみつ」があるらしく……というのが『ひみつのアイプリ』というタイトルの由来であり、おおまかなあらすじでもある。

ティザー映像には他にも多様なキャラクター達が登場しており、それぞれがどういった性格なのか、どのような役割を果たしていくのかなどの期待が膨らむ。監督の言葉によれば「アイプリたちはいろいろなひみつを持っています」とのことだが、彼女たちそれぞれが胸に秘めたものが作品に奥行きを出していくことに繋がっていきそうだ。

制作陣の一新が何をもたらすか 

本作からは制作体制に変更があり、シリーズ当初から制作に携わってきたタツノコプロが離脱することになった。その影響を特に受けそうなのがライブパートだが、ティザー映像で少し映っているだけの現状では判断しかねる。こればかりは本編を視聴してみないとわからないが、どういう結果になるにせよCGの精度だけがライブパートの魅力ではないと思うし、個人的にはこういった変化は前向きに捉えていくしかないと思っている。

作画についてはプリマジとプリ☆チャンを足して2で割ったような雰囲気に感じた。『プリパラ』から『キラッとプリ☆チャン』の作画の変化に適応できた過去があるので、個人的には作画は崩壊さえしなければテイストは気にならない。見てくれを軽視するわけではないが、それ以上に心震わせるストーリーや時折出現するシュールな展開を今作でも引き続き楽しみにしていきたいところだ。

アニメ『ひみつのアイプリ』は2024年4月より放送開始予定。筐体も同時期に稼働開始とのこと。プリティシリーズではありながら変化した部分が多く、どのような作品になっていくのか未知数だ。一年間の鬱憤を晴らしてくれるような素晴らしい作品になっていくことを願いたい。

【参考・引用元】

コメント