【感想記】アイドルタイムプリパラ 第41話「しゅうかとガァララ」

救いはないんですか!?

『アイドルタイムプリパラ』感想記事まとめ

自家製あらすじ

孤高であることをポリシーとしていた華園しゅうかだったが、ガァララの存在がそれを揺るがし始めていた。ガァララにとってもしゅうかは初めての友達であり、次第に二人の仲は深まっていく。その影響もありガァララのアイドルタイムが溜まりライブが可能となった。しゅうかもライブを楽しみにしていたが、そこで目の当たりにしたのは夢を奪われる自分のファンだった。

近づくほどにすれ違い

夢想などクソ食らえの精神でアイドル活動をしてきた華園しゅうかだったが、どんなときでもライブを褒めてくれるガァララの存在が氷の心を溶かし始めたらしい。しゅうかはライブは勝ってなんぼのものと考えていたが、ガァララによってその楽しさに目覚めることができた。今回のしゅうかは今までには見られないような愛嬌のある表情が多かったし、これは良い兆候だと言えるだろう。

そのおかげもありガァララのアイドルタイムが初めて溜まることになった。しゅうかの衣装提供などもありさっそくライブをすることに。曲名は「すた~らいとカーニバル☆」。メロディーがファララの「サンシャイン・ベル」と同じでありながら歌詞や音程が異なるというリミックス? 的な内容となっている。ガァララは好きなキャラでありライブも待ち望んでいたので嬉しい限りだ。

ただしゅうかにとっては辛い事実を目の当たりにすることになってしまう。ガァララのライブによって当然ながら観客の夢は奪われるのだが、そのなかに自分のファンも含まれていたのである。「夢を奪われる」と言っても対岸の火事程度にしか考えていなかったのだろうが、それに自身も関わることで初めてその残酷さと悲痛さを知ることになった。

当然ながら「利用された」と感じることになり、しゅうかとガァララの関係は早くも亀裂が生じてしまった。ガァララにとっては「夢を奪うこと=悪いこと」という認識が無いわけなので騙す気はなかったのだろうが、しゅうかの立場からすればそのように割り切れるわけもない。

そういうわけで視聴していて非常に心が痛む展開となってしまった。ガァララがいたからこそしゅうかはライブの楽しみを知りはじめたわけだが、一方でガァララによってその楽しみを脅かされる結果となってしまったというのは皮肉すぎる。ガァララにとっても悪意が無いのに初めての友達から一方的に突っぱねられてしまったわけで可哀想でならない。やはり諸悪の根源は交代制のシステムだろう。一刻も早くガァララは救われなければならない。それがしゅうかを救うことにも繋がる。

次回「ディア・マイ・トモダチ!」

次回はしゅうかとガァララの仲直りのために炭水化物三人衆が奔走するお話。仲直り回ということだが涙なしに視聴できるか不安だ。

そしていよいよセインツみあのライブが見られるらしい。神アイドルとして、なにより悩める妹を救うお姉ちゃんとしてカッコイイところを見せてくれ。

【本日のカオス】

1


2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)