【感想記】ワッチャプリマジ! 第29話「誰と組む?フィーリングデュオ大会」

【感想記】ワッチャプリマジ! 第29話「誰と組む?フィーリングデュオ大会」ワッチャプリマジ!

推せる!

テレビ東京公式 あにてれちゃんねる」にて最新話を一週間無料配信中!(毎週火曜日更新)
TVアニメ『ワッチャプリマジ!』第29話 先行場面カット・あらすじ公開! | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】2021年10月3日(日)から、テレビ東京系6局ネットにて好評放送中のTVアニメ『ワッチャプリマジ!』(以下、本作)。5月8日(日)放送の第29話「誰と組む?フィーリングデュオ大会」より、先行場面カット・あらすじが到着しました!本作は、『プリパラ』や『プリティーリ...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

「みるき争奪戦」という名の幻

橙真が「プリマジスタ同士のデュオ」というナイス提案したことにより、後日、突如として「フィーリングデュオ大会」という謎の催しが開催されることになってしまった。気球に乗りマイク片手に現れるひゅーいや、雑な流れで風貌が明らかになったMC(CV:立木文彦)など、唐突にカオスの片鱗が見え隠れしてきた。『プリパラ』を彷彿とさせるノリだ。

最初に動いたのはみるきだった。「ワンモア(第7話参照)をワンモア」したいという邪な理由であまねにアプローチをかける。そこにまつりやれもんも参戦するが、結局はあまねは最初からひなとのデュオを心に決めていたためお断りされてしまう。その後、あうるにもアタックするが玉砕。調子に乗ったり嘆いたり毒を吐いたりヨーデルしたりと、みるきが最高に輝いていた時間だった。やはりギャグパートではみるきの存在が光る。

タテジマ(CV:伊藤かな恵)によれば、あうるに最適な相手はまつりだという。そんな二人はみゃむの計らいで砂浜へ行く。潮干狩りの思い出などを楽しげに語るまつりだが、それとは対照的にあうるにはそんな思い出はひとつも無いのだという。あうるは思い出という概念に対しても科学的に捉えており、「必要がない」ものと考えているらしい。そんな彼女に対し、まつりは自分とデュオを組むことで思い出を作ろうと提案する。

あうるがまつりに一目置いているのはこれまでの行動を見ても明らかである。そんな彼女の提案ならあうるも案外すんなりと飲み込むのかもしれないと、この時は思っていた。

完全体みるきライブ

デュオからあぶれて落ち込んでいるかと思いきや、みるきにそんな様子はまったくない。「ありのままのみるきを一番推しているのはみるき」という強固な自信がみるきにはあり、だからこそちょっとやそっとのことでは彼女は揺るがない。ギャグから一転して急にかっこいいことを言い出すからみるきファンはやめられない。

れもんはそんなみるきの信念に強く感銘を受けた様子だった。また意外にもひとりの時間を好むという共通点がこの二人にはあることが判明していく。当初は水と油のような二人に見えたが、こうして見ると実は最も相性が良いのではないかと思えてくる。

そんなみるきはれもんからの頼みでライブを行うこととなった。曲は当然ながら「イワナイ」だが、その内容はこれまでとはひと味もふた味も違っていた。要素が多すぎるので以下に箇条書きする。

  • これまでの初期コーデからキービジュアルでも着用している「ミラクルベア」コーデに変化(ライブでは中の人も着用していた)
  • コーデ&レスポンス初披露(あざとい)
  • ステージセットもみるき仕様に
  • 新イリュージョン
  • ガヤに野太い声が増える

盛りだくさんだ。みるきはライブの機会自体が少ないので仕方がないが、ここに来てようやく彼女のライブが完成されたような印象を受ける。ダンスも初期衣装のときは特殊に思えたが、今回のモコモコしたコーデだと非常に自然で流麗なものに見えた気がする。元々このコーデを前提とした振り付けなのではないかと思うほどだ。

みるきの表現する「かわいい」が凝縮されたライブだった。あまねがみるきの申し出を断ったことを後悔するのも頷ける。

この圧巻のライブを見ていたれもんもプリマジオタクの血が騒いだらしく、ライブ後にみるきの「かわいいミュージアム」への就職を希望する。それをみるき館長も受け入れたことにより、みるき&れもんのデュオが無事に結成されるのだった。個人的にはこのデュオが見ていて一番愉快なことになりそうだと思うので期待していきたい。

こうしてそれぞれのデュオが無事に決まったかと思いきや、案の定あうるはまつりとデュオを組むと約束した気は一切無いというオチになるのだった。とはいえまつりとあうるがデュオを組むのは既定路線だと思っているので、次回以降はあうるの心境がどのように変化していくのかに注目していきたいところだ。

次回、第30話「めがねとコンタクト」

まつりとのデュオを拒むあうる。すべてを1人でやってきたあうるにとって、自分1人でコントロールできない状況は「好きじゃない」。あうるとの距離を縮めようと焦るまつりだったが、あうるのことを知り尽くしためが姉ぇにはかなわない。めが姉ぇとあうるの絆に感心するまつり。一方のあうるは、自分のプリマジがマンスリーで1位に選ばれたことを父親である阿智彦へ報告するが、その反応はあうるの期待したものではなかった。そんなあうるを見守るめが姉ぇは…。

エピソード ワッチャプリマジ!|テレビ東京アニメ公式

予告に映るめが姉ぇの優しげな表情が印象的だ。ここまではあまり描写されてはいないが、意外にも深い絆がこの二人にはあるのかもしれない。

コメント

  1. 匿名 より:

    今更なんだけど、太字があるからより一層読みやすいわ。

    ギャグ言ってるときとカッコいいこと言ってるときの緩急に惹かれるのすげー分かる。

タイトルとURLをコピーしました