【感想記】ワッチャプリマジ!第35話「舞い上がれ!ひなとあまねのデュオ!」

【感想記】ワッチャプリマジ!第35話「舞い上がれ!ひなとあまねのデュオ!」ワッチャプリマジ!
テレビ東京公式 あにてれちゃんねる」にて最新話を一週間無料配信中!(毎週火曜日更新)
TVアニメ『ワッチャプリマジ!』第35話 先行場面カット・あらすじ公開! | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】2021年10月3日(日)から、テレビ東京系6局ネットにて好評放送中のTVアニメ『ワッチャプリマジ!』(以下、本作)。6月19日(日)放送の第35話「舞い上がれ!ひなとあまねのデュオ!」より、先行場面カット・あらすじが到着しました!本作は、『プリパラ』や『プリティ...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

冷静と情熱の間

それぞれの心にあったわだかまりも解消し、いよいよデュオのレッスンへと臨むひなとあまね。ときどき忘れそうになるが、この二人はプリマジ界隈でもトップクラスの実力を持つ存在である。そんな彼女たちのレッスンが順調に進まないはずもなく、それのみならずその最中にダンスを次々に進化させていく。

二人はクライマックスで披露する「リフト技」の練習に取り掛かることにした。バレエで男性が女性を持ち上げるテクニックをそう呼ぶらしい。高難易度の技ゆえになかなか上手くはいかないのだが、不思議と二人の間に流れる空気は穏やかだ。これまではどうしてもそれぞれの心の悩みが焦点となることが多かったが、それさえ無ければこの二人は実に相性が良いことに気付かされる。ひな先輩の情熱的な部分があまねを牽引し、一方であまねに冷静な部分があるからこそ安心して身を任せているように見える。単なる実力のみならず、精神的な結束においても強固なこのデュオはまさに隙が無いと言える。

ひな先輩のジェニファー病

しかし(なんとなくそうなる予感はしていたが)そんな二人にもついに意見の食い違いが生じてしまう。

「私は見せたい。私たち、弥生ひなと皇あまねにしかプリマジ!」というひなの熱い言葉を受けて、あまねが向かったのはあうるの家だった。あまねは「新しいプリマジ」を生み出すべく、過去のデータを数多く所有しているであろうあうるを頼ったのだった。あうるは意外なほどすんなりと協力してくれたが、やはり彼女もプリマジが好きなひとりの女の子であり、ひなとあまねのデュオが生み出すプリマジに興味が抑えきれなかったのだろう。また単純に頼られたのが嬉しいというのもあり得そうだ。

それを経てあまねが呈示した新技は「水と炎、二つのエネルギーが融合し、天へと登る翼となる」というなんか凄そうなものだったが、それはあまりにもアクロバティックなため危険も伴うものだった。結局はそのことが原因となり、ついにあまねはこの技の中止を決断してしまう。互いを信頼できるパートナーだと思うからこそ、ひな先輩は挑戦させてほしいと考えるし、あまねは挑戦させるわけにはいかないと考える。先ほども述べたように互いの情熱と冷静が補い合って良い関係を育んでいるのがこのデュオの特徴なわけだが、このときばかりはそれが反対に作用してしまったようだ。

その後、ひな先輩が言うには新技のあまりの完成度の高さに一瞬「この技ならジェニファーに勝てるかもしれない」と考えてしまったらしい。それが弛緩となってレッスン中の失敗へと繋がったのだろう。この技はあくまでも弥生ひなと皇あまねの二人が、誰のためでもなく自分のために行うからこそ完成へと至るものであり、それ以外の感情があればたちまち失敗に終わる。あまねはそのことに気がついていたのかもしれない。

ひな先輩が新技を見て「私たちにしかできない」と言った際のあまねの笑顔が非常に印象的だった。二人で新技に挑戦できることに喜びを見出していたのだろう。そんな矢先にひな先輩がまたジェニファーに意識を向けたのを察知したので、もしかすると少しジェラシーを抱いたのかもしれない。あまねは「めんどくさい」性格なので、そういった子供じみた理由で拗ねることも意外とありそうに思えてしまう。

恋でなく愛

結果的にはすぐに互いの考えを打ち明けあったことにより、食い違いはすぐに解消し無事にライブへと臨むこととなった。この二人は油断するとすぐにモヤモヤを抱えだしそうでハラハラする。

曲名は「天頂のコンフィアンサ」。「コンフィアンサ」とはポルトガル語で「信頼」を意味するようだ。今回を通して描かれたテーマにぴったりの曲名だ。

※公式チャンネルで公開されたら貼り付けます※

曲としては言うまでもなくフラメンコが基調となっているのだろう。同系統ということで「ヒロインズドラマ」を思い出す。

そして肝心の新技についてだが、成功なのか失敗なのかよくわからない感じで終わった。観客は大盛りあがりだったのであれはあれでいいのだろうか。そもそも完成を知らないのでどうなったら成功なのかもわからないのだが、近いうちにバッチリ決まったバージョンが公開されたりするのかもしれない。

次回、第36話「さらばれもん!お暇のきゃろん」

ひな&あまねデュオ編も一応は完結したということで、次回からはいよいよれもん&みるきデュオの話になっていくのだろう。

ひなあまねのデュオの完成度にすっかりびびってしまったれもん。デュオはできない、と言い始める。嫌気がさしてしまったきゃろんは、れもんに突然の別れを告げる。なんとかまるくおさめようとするマスコットたちは、きゃろんを飲みにさそう。キャロットジュースでよっぱらったきゃろんから語られたホンネとは……

エピソード ワッチャプリマジ!|テレビ東京アニメ公式

例によって穏やかではない状況になっているようだが、ひな先輩やあまねと違ってまったく緊迫感が無いのはなぜなのだろう。むしろあらすじの段階で笑えてしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました