【感想記】ワッチャプリマジ! 第23話「最後の試練 みんなでセンター!」

【感想記】ワッチャプリマジ! 第23話「最後の試練 みんなでセンター!」ワッチャプリマジ!
テレビ東京公式 あにてれちゃんねる」にて最新話を一週間無料配信中!(毎週火曜日更新)
TVアニメ『ワッチャプリマジ!』第23話 先行カット・あらすじ公開! | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】2021年10月3日(日)から、テレビ東京系6局ネットにて好評放送中のTVアニメ『ワッチャプリマジ!』(以下、本作)。そんな本作の第23話「最後の試練 みんなでセンター!」より、先行場面カット・あらすじが到着しました!本作は、『プリパラ』や『プリティーリズム』『...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

合わせるべきは心

五人センターでのエキシビションに向けてレッスンに励むまつり達。そんな中でれもんだけは筋力不足によりダンスを合わせることができず、それが重責となってしまっている様子。ただその状況を見たウンディーネは「合わせるのはダンスかしらね」と意味ありげな発言をする。どうやらまつり達が解決するべき真の課題は別のところにあるようだ。

ひゅーいが言っていたように“五人センター”はある意味では平等だ。しかしその平等さが今回は悪い方向に働いてしまっていた。レッスン後にひな先輩はれもんに気を使って「(ジャンプの)高さを合わせる」と提案していたが、そのように周囲に合わせた平均点のライブを行うことは彼女達の個性を殺してしまいかねない。この五人は個性が強めなために足並みを揃えるのが難しいのだろうが、一方でその個性を押しつぶしてしまえばこの五人でライブをやる意味は無いように思う。

翌日、まつり達はウンディーネに山のてっぺんに来るように伝えられる。山頂までの道は険しかったが、結果的にこの時間が五人の中のわだかまりを解消していくことに繋がっていった。一見するとこの五人はそれぞれが異なる信念を持つように見えるが、その奥底には「抑えられない気持ち」をプリマジを通じて届けたいという共通の想いが存在した。つまり真に合わせるべきものは心であり、共通の想いがあることを自覚することだったのだろう。むしろこれまでの合宿の全てはこのときのためにあったのかもしれない。

What's your “Please” Magic?

山頂に到着するとそこにはウンディーネの姿があり、迷いを吹っ切った五人に対して「答え合わせ」をするためのステージが用意された。五人ライブは既定路線ではあるが、個人的にはエキシビション本番での披露になるかと思っていたので少し驚いた。

曲名は『ワッチャ!プリーズ!マジック! -What's your "Please" Magic?-』。初の複数人ライブということもあり荘厳な雰囲気の曲になると勝手に想像していたが、予想とは完全に異なりポップでワチャワチャ感の強い曲となっていた。『ワッチャプリマジ!』は楽曲の雰囲気の振れ幅が大きいのが視聴していて面白いところだ。また歌詞については合宿で育まれた五人の友情の軌跡が描かれているように感じた。紆余曲折あったものの、こうして全力で楽しげにライブをやっている彼女達の姿を見るのは感慨深い。

「プリマジ」という言葉の意味するところは作品内外において様々なものがある。今回の曲名にもなっている「What's your "Please" Magic?」もその中のひとつと言えるだろう。「"Please" Magic」は当て字かつ造語の意味合いが強いのはもちろんだが、意味を当てはめるなら「願いを叶える魔法」といったところだろうか。まつり達にとってプリマジのステージは自分たちの夢を叶えられる場所ということなのかもしれない。

待望の五人ライブも見られて感動と興奮の第23話だったが、忘れてはいけないのがこれがジェニファーに通用するのかどうかということである。オメガコーポレーションの不穏な動きも気になるところだ。

次回、第24話「行くぞエキシビション!5人のマジ」

エキシビション前夜。合宿最後の練習が終わり、名残惜しそうに星空を眺めるまつり達。誰ともなしに合宿の思い出を語り始める中、ひなは、はじめはバラバラだったけど、最後はこうしてひとつになれた。本当にこの合宿に参加してよかった、と少し恥ずかしそうに話す。微笑む一同は改めて、エキシビションも頑張ろう!と結束を強める。そして、迎えたエキシビション当日。本番を直前に控えたロビーには、なんと、まつり達の姿があった。サプライズでのファンサービスに盛り上がりの会場。一方、その様子を見た阿智彦はいらだちを隠せないでいた……

エピソード ワッチャプリマジ!|テレビ東京アニメ公式

いよいよ本番。奇跡は起きるのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました