【感想記】ワッチャプリマジ! 第12話「まつりVSひな フェニックスはどちらに微笑む?」

         

スポ根アニメだこれ。

『ワッチャプリマジ!』感想まとめ

テレビ東京公式 あにてれちゃんねる」にて最新話を一週間無料配信中!(毎週火曜日更新)

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

勝者と敗者

前回に引き続きスター地区のフレフェスのお話。ひな先輩の圧巻のプリマジを目の当たりにしながらも、まつりはそれを乗り越えるべくステージに立とうとしていた。第12話はまつりが人生で初めて本気マジになろうとしている回だと言える。ウォーミングアップの段階からその表情には鬼気迫るものがあり、普段のあどけない雰囲気は完全に消え失せている。第1話では自分の夢がわからず「へらへらすんなよ」とみゃむに言われていたまつりだが、その頃の彼女がまるで遠い昔のようだ。

そしてライブパートへ。今回もやはり新CGが追加されて期待通りだったが、その内容はまつりに突如として出現した羽のようなものが開きそうで開かないという意味深なものだった。おそらくは今のまつりの力で発動させるのは難しい何かなのだろう。一方でこのライブのまつりは本気になりすぎるあまりに楽しそうな様子がほとんど無かったため、精神状態によって発動の成否が分かれるといった可能性もありそう。

ひさびさに登場した御芽河あうる(CV:藤寺美徳)ちゃんが言っていたように途中までは双方ともに互角であり、まつりが勝つ可能性もそれなりにあったのかもしれない。それでもひな先輩が勝者に選ばれたのは、逆境でもすべてを出し切った先輩と、肝心なところで不完全燃焼に終わってしまったまつりの差なのだろう。「誰よりも高く飛びたい」と自信満々に言い切るひな先輩の姿は、羽を広げて飛ぶことのできなかったまつりとの対比になっているように見えた。

そのまつりは人生で初めて本気で取り組んだにもかかわらず、それが敗北に終わってしまったことにトラウマレベルのショックを受けている様子だった。見ていて胸が痛むシーンだったが彼女がここから成長していくには必要な段階なのだと思いたい。個人的には敗者の心情をありありと描写しているのは丁寧に感じる。今まではまつりの視点からプリマジをやることの楽しさやワクワク感を描いていたが、今回は一転してその残酷さを描くことに終止していた印象だ。『ワッチャプリマジ!』はもちろんアイドルアニメであるが、それと同じぐらいにスポ根要素も強いと今回であらためて感じた。

全体的にシリアスな回ではあったが、一方でれもんとみるき、橙真やひゅーいなどの横の絡みも強調された回だったと思う。まつりが立ち直ったらキャラクター同士が和気あいあいとするような回も見たい気はする。

次回、第13話「ワッチャ・マジックワード」

みゃむがしゃべれなくなってしまった!?動揺したまつりはマツリダに助けを求める。しかしマツリダは、みゃむが本当に戻りたいと思っているのであればしゃべれるはず、と首をかしげる。みゃむを元に戻す解決策がない中、まつりは、自分がふがいないからみゃむに愛想をつかされたのではと悩む。弱音をもらすまつりを優しく励ます橙真。一方みゃむもチムムから「らしくない」と檄を飛ばされていた。まつりとみゃむはそれぞれ、初心を取り戻すかのように、出会いの場所・プリズムストーンショップへと向かうのだった。

エピソード ワッチャプリマジ!|テレビ東京アニメ公式

魔女宅で見た。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)