【感想記】プリパラ 第122話「姉妹でかしこまっ!」

【感想記】プリパラ 第122話「姉妹でかしこまっ!」プリパラ

カオス回なのか神回なのかはっきりしろ。

TVアニメ『プリパラ』第122話より先行場面カット到着 | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】 現在、3rdシーズンが放送中のTVアニメ『プリパラ』より第122話「姉妹でかしこまっ!」の先行場面カットが到着したので、あらすじと併せて紹介! 本作は、キッズ向けアーケードゲームと合わせて展開されてきたTVアニメ『プリティーリズム』シリーズを継承した...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

プレゼントは「姉妹ライブ」

今回はらぁらの誕生日回。去年はライブ中になおのCGが披露されるなどプレミアム感満載の内容となっていたが、今年もタイトルの段階で期待を膨らませずにはいられない。

【感想記】プリパラ 第71話「誕生日の約束、かしこまっ!」
【感想記】プリパラ 第71話「誕生日の約束、かしこまっ!」
録画失敗したので110円払ってAmazonで視聴しました。 『プリパラ』感想記事一覧 場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください ライブよりなおらぁらの誕生日が迫っているものの、らぁら本人...

いつものようになおとのプレゼント交換も終わり、らぁらは家族との誕生日パーティを楽しんでいた。そこでパパとママから「姉妹ライブ」を提案されるところから話が動き出していく。それはらぁらが幼い頃にのんと交わした約束でもあった。それを思い出したらぁらは「のん、あたしが欲しいプレゼントはプリパラでのんと一緒にバースデーライブすること」とのんに告げる。

しかし肝心ののんは一向に乗り気じゃない。というのも、のんとしては姉とはいえらぁらは神アイドルグランプリにおけるライバル的存在なわけであり、仲良く一緒にライブをすることに抵抗があるらしい。しかもチームを結成したとはいえノンシュガーはいまだに全くまとまりのない状態であり、そのことで手一杯なのである。

とはいえここからがらぁらの真骨頂だった。逃げ回るのんに対してどこまでも付きまとい「一緒にライブしよ!」とお願いするのを所構わず延々と繰り返すのである。最初は「らぁらも妹に対してだからこうした遠慮のない態度を取れるのかもしれない」と微笑ましく思ったが、一方でらぁらは元から押しの強い子だったような気もしてくる。今回の回想シーンでも登場したが、らぁらのこういった頑固な部分はそふぃをチームに引き入れたときの一連の流れを思い起こさせる。

らぁらのそんな意固地な部分を増長させてしまったのがあじみ先生だった。「(気持ちを伝えるのに最も効果的なのは)精一杯の体当たりダヴィンチ!」というアドバイスにらぁらが共鳴してしまい、最終的にこの二人は精神的宇宙空間へと旅立ってしまった。純粋ならぁらと狂気のあじみ先生が合わさる危険性を今回で嫌というほど理解できた気がする。

かしこまバカに学べ

しかしのんはそんな姉の姿を見て色々と勉強になる部分があったらしい。今回はのんがみれぃやそふぃにチーム結成における悩み相談をする場面があり、その関係で合間に回想シーンが挿入された。その中でもらぁらの「バカが付くほどあり得ないかしこまな体当たり」と、そふぃの「すべてを受け入れる大きな心」によってそらみスマイルが結成に至った話は、のんの心に特に響いたようだ。今の自分に足りないものがこの二つだと思い至ったのんは、観念してらぁらからの申し出を受けることにしたのだった。果たして姉から学び取ったこれらの要素が本当に役立つのか、そしてペッパーとちりちゃんに通用するのか。気になるところだ。

こうして色々ありすぎたが待望の真中姉妹によるライブが実現となった。曲は「ま〜ぶるMake up a-ha-ha!」。ちなみにコーデはドロシー&レオナがデザインしたメイド服コーデ。洋食屋の娘二人ということでピッタリだ。

個人的にはメイキングドラマの「2人はライバル!?姉妹ウォーズ!」が非常に印象深い。表情豊かならぁらと、落ち着きのあるのんとの違いが見て取れるからだ。一方で時にらぁらは姉として頼りがいのある部分を見せたりするし、のんも年相応の子供っぽさを見せたりもする。状況によって関係性に変化が見られるのがこの姉妹の魅力かもしれないとふいに思った。

今回は神回という印象しか残っていなかったが、あらためて視聴してみるとあまりにもカオス満載で驚いた。姉妹ライブでなんとなくいい感じの雰囲気でまとまってはいるが、冷静に見ると屈指のカオス回と言ってもいいかもしれない。とはいえやはり姉妹ライブは最高だった。特殊EDで流れた真中姉妹の歩みを見ると感慨深さがより一層だ。

次回、第123話「ノンシュガー漂流記」

来てしまったか……。

最後まで生き残ればグランプリで有利になるという、特典付きの「アイドル無人島サバイバル」。こぞって参加するアイドル達。のんもこのイベントに目をつけ、サバイバルを通じノンシュガーの絆を深めようと意気込んでいた。しかし、脱落者が後を絶たないほど壮絶なサバイバル。一体、最後まで生き残るのはどのチームだろうか。

テレビ東京・あにてれ プリパラ

色々な意味でノンシュガーの「代表作」となる回。のんは姉から学んだ「バカが付くほどあり得ないかしこまな体当たり」と「すべてを受け入れる大きな心」を活かすことができるのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました