【感想記】プリパラ 第37話「奇跡よ起これ!ミラクルライブ」

【感想記】プリパラ 第37話「奇跡よ起これ!ミラクルライブ」 プリパラ
テレビアニメ『プリパラ』第37話より先行場面カット到着 | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】 2014年7月5日(土)10:00よりテレビ東京ほかにて放送中のテレビアニメ『プリパラ』。本作は、キッズ向けアーケードゲームと合わせて展開されてきたテレビアニメ『プリティーリズム』シリーズを継承した作品となっています...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

めざめのファルル

いよいよファルル復活をかけたライブの当日。本番のステージに立ったらぁらは責任の重大さから身動きが取れなくなってしまうが、上級生からの叱咤や激励によって間一髪のところで立ち直ることができた。このあたりの展開は第1話のライブに至るまでのシーンを再現しているのかなと思った。

渾身のライブによってパラダイスコーデは見事に光るのだが、それは一時のことでライブが終わる頃には光を失ってしまっていた。責任を感じてファルルや観客に向けて涙の謝罪をするらぁらだったが、空気を読んだモブ達によって『Make it!』の大合唱が始まる。クマによればこのときの観客全員の歌声は瞬間的にではあろうがプリズムボイスと化していたらしい。プリズムボイスは必ずしも先天的な性質というわけではなく、人々の強い想いなどで発現するものでもあるようだ。

会場に響き渡るプリズムボイスにより、パラダイスコーデは再び輝きを取り戻した。それはあまりにも眩すぎて神々しささえ感じてしまった。

らぁら達が起こした奇跡によりファルルは目覚め、新たな姿へと生まれ変わった。ファルルの髪型の変化で蕾と花を表現しているのは割と最近気がついて感心した覚えがある。もしかするとファルルが活動を停止したのも開花するために必要な時間だったのかもしれない。未完成だった「チックタックフラワー」の伏線も回収されるなど、最終回前ということでなかなかに胸熱な展開だ。

また目覚めたファルルはパキっても平気な身体にもなったようだ。トモチケから生まれた存在から「ファルル」という唯一無二の存在へと昇華された証なのかもしれない。

シーズン2も再放送決定!

シーズン1に続いてシーズン2も再放送されることが明らかになった。このツイートを見た瞬間に思わず声をあげてしまった。

自分はシーズン2から本格的にプリパラに入った人間なのでこれまで以上に楽しみだ。このままシーズン3、アイドルタイムプリパラと、全シーズンの再放送をやってほしいところだ。そこから遡ってプリリズの放送をするのも望ましい。そうすれば今後6年ぐらいは水曜日に退屈しないで済む。

次回、第38話「み~んなトモダチ、かしこま!」

今日はファルルの誕生日パーティー!たくさんの人が部屋におしかけ、心からファルルをお祝いする。今までにない気持ちで大喜びするファルルに、会場はどんどん盛り上がっていく。そんな楽しい時間を過ごす中、ユニコンだけはどこか寂しそうな表情を浮かべていた。突然いなくなったユニコンに、どこか胸騒ぎのするファルルで…!

テレビ東京・あにてれ プリパラ

一応の最終回ではあるが、上記の情報があったためしんみりせずに済みそうだ。

コメント