【感想記】プリパラ 第76話 「ハッピーバイバイXマスなの」

         

『プリパラ』感想まとめ

天使にふれたよ

今回は46話で活躍したあんこ(CV:安野希世乃)みるく(CV:夏川椎菜)が再登場。何故か泣いている二人だったが、その理由はあんこが引っ越して離れ離れになってしまうからだった。みかんの励ましなどもあり一時は笑顔を取り戻す二人だったが、記念のプレゼントである手袋をカラスに強奪されてしまい再び元気が無くなってしまう。

そんな様子を放っておけなかったみかんは手袋を取り戻すため、ひびきの邸宅からハンググライダーでカラスの巣を目指すことに。普段は食欲旺盛おバカなイメージのあるみかんだが、実はパイロットのライセンスを持っているなど運動神経に関しては驚異の天才性を持っているらしい。ひびきはタイミングよくドリームチームの5人目を探している最中だったこともあり、これまでは眼中に無かったみかんに一気に興味が湧いた様子だった。前にも言った気もするがこれまでの認識に囚われずにその人を認められる部分にひびきの恐ろしさはあると思う。

結果的にひびきはみかんを5人目として勧誘するのだが、みかんはその話自体をよくわかっていない様子だった。ひびきは終始みかんの勢いに圧倒されている感じがあり、意外と面白い組み合わせだったように思う。

書き忘れていたが実は今回はクリスマスライブ当日の話であり、この日ばかりはシオンとそふぃも一緒にライブができるなど盛大な催しとなった。しかしライブが終わるとそんな状況も一変し、ひびき・ファルル・シオン・そふぃ・みかんの「天才チーム」と、らぁら・みれぃ・ドロシー・レオナ・あろまの「努力チーム」が同時に誕生してしまう。このクリスマスは一同に許された最後の余暇だったのかもしれない。

次回、第77話「対決!ウィンターグランプリ」

そんなわけで両チームが早速激突することに。波乱の予感しかしない。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)