【感想記】ワッチャプリマジ!第38話「かつ目でござる! これが私らのデュオだお!」

【感想記】ワッチャプリマジ!第38話「かつ目でござる! これが私らのデュオだお!」ワッチャプリマジ!

ござお

テレビ東京公式 あにてれちゃんねる」にて最新話を一週間無料配信中!(毎週火曜日更新)
TVアニメ『ワッチャプリマジ!』第38話 先行場面カット・あらすじ公開! | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】2021年10月3日(日)から、テレビ東京系6局ネットにて好評放送中のTVアニメ『ワッチャプリマジ!』(以下、本作)。2022年7月10日(日)放送の第38話「かつ目でござる! これが私らのデュオだお!」より、先行場面カット・あらすじが到着しました!本作は、『プリパラ...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

野菜スープに足りないもの

みるきの前に現れたのは、みるきにそっくりのコスプレをしたれもんだった。語尾も「ござお」と何もかもがおかしい。どうやらデュオ本番に向けて心技体を統一するべくみるきの格好を真似したようだ。れもんがアグレッシブになるのと比例してカオス展開が増える気がしてならない。

みるきは本番まであまり練習はしないでいいと考えているようだが、一方のれもんはそれを不安に思っている。そこで説得のためにみるきを追跡するのだが、それにより実家が八百屋であることがついにバレてしまった。みるきはプリマジを始めてからもこうして店の手伝いを行っているようだ。偉い。

意外だったのはみるきがデータ派の一面を持ち合わせていたことだ。創刊号からの「プリマジスタイル」を収集し、それを資料として傾向と対策を練り、自身のプリマジに反映させているのだという。信念である「かわいい」でゴリ押ししているように見えるが、水面下では緻密な計算のもとでプリマジを行っているのだろう。れもんが言うように、そのギャップこそがみるきの最大の魅力だと思う。

前半はみるきが作った野菜スープについての描写が多く、さながら料理漫画のような展開となっていった。最終的にれもんは「煮込めば煮込むほど個性が消えるスープ」はみるき&れもんのデュオと同じだという結論に至り、だからころみるきは敢えて練習をしないのだと(勝手に)解釈する。みるきが本当にそこまで考えていたかは微妙なところだが、確かに個性が強いふたりだからこそ、練習によって型にはまってしまうのはマイナスになるのかもしれない。

光と闇のライブ

そして迎えるデュオライブ当日。みるきのプランが明らかになる。それはデュオでありながら「ひとりひとりで勝負する」というものだった。思えばこのふたりのライブは他と比較して異彩を放っている。後に判明するが、プリマジスタの中でも特に熱狂的なファンを持つのがこのふたりらしい。だからこそ融和するのではなく、互いがステージ上で個性を発揮すればそれだけで際立ったライブになる。

みるきは負ける勝負は絶対にしないお。れもんちゃんとなら勝てるプリマジができるお」とみるきが語る場面は、普段の彼女には無い「他人への信頼」が見て取れる。思えばみるきとれもんはどちらも違う種類で「孤高」の存在であるわけだが、そんなふたりがいつになく他人を信頼している様子が見られるからこそ、みるきとれもんのデュオに尊いものを感じてしまうのかもしれない。先週の記事から「尊い」しか言っていない気がする。

そしてライブが始まった。コントラストを強調するブラックとホワイトのコーデが「ひとりひとりで勝負する」というみるきの話と実にマッチしている。曲名は「Sweetness×Darkness」。

内容もまさにみるきの言う通りのものだった。みるきの甘ったるい語りから曲がスタートしたかと思えば、そこから一転して響き渡るのは重低音とれもんの力強い歌声である。それぞれのパートでガラッと雰囲気が変わるのだが、それでいて統一感も感じさせるのが素晴らしい。正反対のふたりのコントラストが互いをより魅力的にするというのは『キラッとプリ☆チャン』の「リングマリィ」を思い出す。

このプリマジは高く評価され、ライブ後にふたりはそれぞれ光と闇のエレメンツコーデを獲得するに至り、さらにそのままデュオシリーズにおいて最優秀デュオにまで輝いてしまった。個人的にこのデュオに期待はしていたが、まさかここまでの結果になるとは思いもしなかった。嬉しそうに笑うみるきとれもんを見ると少し泣きそうになってしまう。これだからみるれもはやめられない。

こうして一連のデュオシリーズは終焉を迎えた。この期間に発表された楽曲は9月24日の「Pretty Live!~All for One !!!」で披露される予定なので今から楽しみだ。次回以降がどのような展開となっていくのかも気になるところ。

次回、第39話「灼熱ドリーマー 御芽河阿智彦」

タイトルで吹き出してしまった。

プリマジを主催するオメガコーポレーション、そしてそのCEO、御芽河阿智彦。グランドフェスティバルの準備で忙しく走り回る阿智彦にスポットライトを当てたドキュメント番組が企画製作される事となった。その番組の中で、プリマジとプリマジスタ達への熱く、しかし慈しんだ思いを語る阿智彦。だが、番組収録で見せたその振る舞いは真実ではなく…

エピソード ワッチャプリマジ!|テレビ東京アニメ公式

やるのか阿智彦!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました