【感想記】プリパラ 第36話 「ファルル、目覚めるでちゅーっ!!」

『プリパラ』感想まとめ

修行編へ

前回、プリチケをパキった瞬間に意識を失ってしまったファルルだったが、めが兄ぃの口からその秘密が明らかになった。ボーカルドールというのは既に言われていたとおりだが、そもそも彼女は女の子たちの「アイドルになりたい」という想いから生まれた存在であるらしい。願望を具現化した存在なのでアイドルとして限りなく完璧に近いのは当然といえば当然だ。しかしそんな彼女もらぁらと出会ったことで徐々に変化していった。自我が芽生えたのである。そしてファルルの中で友達が欲しいという感情が次第に強くなり、結果としてらぁらとトモチケをパキることを望んだ。例えそれが自分の命を失うことになろうとも。

悲しみに暮れるらぁらだったが、自身の持つプリズムボイスがファルルを目覚めさせる可能性を持つことに気づきすぐに復活。その後はライブやレッスンを繰り返すことでプリズムボイスの精度を上げることに。他のメンバーもらぁらに負けじと練習に明け暮れるが、そんな彼女たちを見てもマスコット勢はいまいち浮かない表情だ。

マスコットはプリズムボイスを聞き分けられるらしく、彼らによればらぁらのプリズムボイスはまだまあ不安定な状態である。それを安定させるために猛練習の日々だったわけだが、ユニコンの評価は「あんなんじゃ無理でちゅ」という厳しいものだった。沸き立つらぁら達に反して現実的な状況としては厳しいものがあるのかもしれない。

次回、第37話「奇跡よ起これ!ミラクルライブ」

不安が残る中、いよいよ本番へ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)