【感想記】キラッとプリ☆チャン 第2話「フラワーショップでプリ☆チャンやってみた!」

まだ探り探りの状態なのでさくっと感想を書いていきます。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

今回はフラワーショップのプロモーションのための配信番組を作るお話。初めての番組作成に四苦八苦する二人だったが、なぜかプリチャンのことに詳しい青葉りんかのサポートのおかげもあり次第に軌道に乗っていく。青葉りんかは現状ではマネージャーとしての役割になるようだが、将来的には二人と並んで配信する側になっていくのかもしれない。

またこの世界では配信で「いいね」をたくさん貰えるとプリチャンライブができるようになるらしい。つまり「ライブがない回もあるのかもしれない」という懸念は無用と考えていいだろう。番組配信→ライブという流れがこのアニメの骨子となっていくと思われる。やはり後半にCGライブを見ないと満足できない身体になっているので、ライブパートが確保されているのは嬉しい限りだ。

ここまでの全体的な印象としては、プリパラの主な要素だった「アイドル」「ライブ」などは維持しつつも、そこに「番組配信」という現在のトレンドを上手く組み込んでいるアニメだと感じる。また番組作成にあたってのアドバイスや注意点などが丁寧に描かれているのも好感が持てる。プリパラの後継だからという贔屓目もあるだろうが、それを抜きにしても良くできているアニメだと純粋に思う。

次回は自分たちの歌を作る話のようだ。経験則的に神回の予感がするが果たして。

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)