【感想記】プリティーオールフレンズセレクション #03「夢みることが力になる!」

         

今回はテーマの「夢」でお察しのとおり『アイドルタイムプリパラ』第1話からの放送となった。アイパラはこの感想記を書きはじめた作品なので思い入れが強いが、一方で放送終了から再度視聴していないので懐かしい感じもある。

あらためて視聴してもやはりこのアニメはぶっ飛んでいるなと思わざるを得ない。先週のプリパラ第1話とてツッコミどころの多いアニメではあるのだが、こっちと比較するとそれすらも可愛く見えてくる。三年ものあいだ『プリパラ』という土壌で育まれた狂気やカオスがもはや伝統にまで昇華され、それが『アイドルタイムプリパラ』で夢川ゆいという主人公を得て爆発を引き起こしている。そんな印象を受けるのである。

そして繰り返しになるが夢川ゆいの異質さが素晴らしい。激川ゆいを見た後だと主人公補正もあって若干マイルドに見えなくもないが、それでも「急に妄想しだして変な目になる」「常に炊飯器を携帯している」など、ひとことで言えば頭がおかしい。一方でオリジナルブランドが採用されるなどデザイナー適性があったり、初ライブもなんなくこなすなどアイドルとしての資質の高さも伺うことができる。改めてよくこんなキャラを生み出せたものだなあと感心してしまった。プリティシリーズの中に夢川ゆいという主人公がいて良かったと個人的には思う。

ひさしぶりに視聴するアイパラはやはり非常に魅力的なアニメで、このまま続けて第2話も見たいような気分に駆られた。TOKYO MXでプリパラの再放送が終わったら、続けてアイパラの再放送もやってくれると嬉しい。

次回、#04「ステージのトビラは突然ひらく!」

テーマを見ても正直なところ何が放送されるかわからないが、順当に行くならオーロラドリームからプリリズ三部作を放送していくという流れだろうか。ただそれだと7月の第二週に各第1話をひととおり放送したことになるので中途半端になる気もする。どうなっていくのか気になるところだ。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)