【感想記】プリパラ 第89話 「み~んなトモダチ!み~んなアイドル!」

         

『プリパラ』感想まとめ

夫婦漫才

プリパリでの仕事が目白押しということで、ひびきがヨーロッパラのプリパリに帰ることになった。またふわりも「そばにいてあげないと心配」ということで一緒に帰国することに。夫婦みたいなこと言いやがって。

らぁら提案の送別会に強く抵抗するひびきだったが、語尾攻めで失神させることで無理やり参加させた。主役がまったく嬉しそうじゃない。

ふわりをプリンセス候補として選んだのは昔の自分の姿に似ていたからかもしれない、とひびきが言っていた。もしかするとひびきの中にはプリンスとしての型にハマった自分ではなく、ふわりのような自由な存在に回帰したいという願望があったのかもしれない。

その後、安藤との関係も修復されたということで、ひびき&ふわりのペアライブとなった。

伝説のメイキングドラマも生まれたライブである。ひびきは意外と尻に敷かれるタイプなのかもしれない。

「ふ ざ け て な い で」

そしてひびきはパラ宿を去っていった。最後に自分の人形を「BAKA」のカテゴリーに入れたのは彼女の自戒の気持ちがあらわれていると思うし、らぁらを「プリパラ」に入れたのは象徴的な存在と認めたからだろう。よく見ると「濃い」カテゴリーがあったり、レオナが「かわいい」に入れられていたりと面白い。

長かった騒動も一段落したが、ラストの「めが兄ぃサミット」にて「神アイドルグランプリ」の開催が決定された。三期はついに誰が神アイドルになるのか、ということがメインテーマとなっていくのだろう。

次回、第90話「神アイドル始めちゃいました!?」 

TOKYO MXのサイトにて公式サイトがオープンしているのを確認したので、三期も再放送は継続のようです。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)