【感想記】ワッチャプリマジ! 第4話 「コンビ解散!? マジ早すぎだよ~」

         

『ワッチャプリマジ!』感想まとめ

あらすじ

まつりではなくひなのパートナーになると宣言したみゃむ。突然の宣言に「もうみゃむちゃんと一緒にプリマジができない」とショックを受けるまつりだが、「プリマジのてっぺんを取りたい」というみゃむの夢のためにはひなと組むのが一番なのではないか、と悩むまつり。一方みゃむも、勢いで言ったもののまつりから離れてしまったことを後悔していた。改めて気持ちをぶつけあう二人。憧れのプリマジスタ・ジェニファーの助けもあり、二人はまた一緒にプリマジをすることになるが、そのライブの最中、なんとみゃむの魔法が暴走してしまう!

エピソード ワッチャプリマジ!|テレビ東京アニメ公式

塔未遂

みゃむの自分勝手で早くもコンビ解散の危機を迎えたまつり。シリアスな展開になってもおかしくないぐらいの畜生行為をされていると思うのだが、まつりのあっけらかんとした性格のおかげか全体的にギャグテイストで進行していった。またにゃんじい(CV:古川登志夫)の助言やひなのサポートもあって意外と早く仲直りできそうな感じに。

解散については何も解決していないものの、ジェニファーのレアコーデにつられてとりあえずライブをすることになった二人。しかしその最中でみゃむの精神が不安定になってしまい、魔法が暴走を起こしてしまう。まだ第4話なのに展開に迫力がありすぎてシリーズの終盤を見ているようだった。

みゃむが必要以上にまつりを遠ざけようとしたのはケンカ別れのほうが後腐れなく互いの関係を終えることができると考えたからなのだろう。それでも諦めようとしないまつりに動揺したことで今回の化け猫騒動に発展したわけだが、そんな不安定な部分も含めて包容するまつりの姿は女神そのものだった。今回の一連の出来事はまつりにとってうやむや気味だった「プリマジをやる意味」を見つめ直すことに繋がっていたし、またみゃむの過去のトラウマを払拭することとにもなっていたと思う。

次回、第5話「みてみて!かわいい×2 みるきだお(は~と)」

さしあたっての問題は解決したということで、次回はみるき回。そういえばこいつには難癖をつけられたぐらいでまともに掘り下げたことが無かった。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)