【感想記】キラッとプリ☆チャン 第25話「めるが探偵やってみた!」

OP変わると思ってたけど、変わりませんでした。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

デザイナーズセブンのひとりであるミッキー二階堂が来日したというニュースがテレビで流れる中、めるは道端で行き倒れている謎の男性に出会う。どうやら彼は記憶喪失で、めるはその手がかりを一緒に探すことに。一方で別行動を取っていたあんなとさらは、ミッキー二階堂を名乗る男からプロデュースの話を持ちかけられていたのだった。

さがしていマヌ!

ユニバースクイーンのデザイナー・ミッキー二階堂来日のニュースが話題になる中、めるは行き倒れ&記憶喪失の金髪男性と出会う。自分と同じように行き倒れていたことに同情したのか、彼の記憶を探すために探偵として情報収集することに。めるが加入したことで、今後はこういった良い意味で力の抜けた回が増えていきそうな気がする。

その頃、あんなとさらはミッキー二階堂を名乗る男にプロデュースを持ちかけられていた。あんなは変なところで脇が甘いらしく、こんな怪しい男の言葉をまんまと信じてしまう。さらがいないと簡単に詐欺とかにあいそうで心配だ。もちろんどう考えてもこいつはミッキー二階堂ではないし、どう考えてもミッキー二階堂はさっきの金髪男である。

結局はめるの探偵ごっこは主に動物から情報収集するという致命的なミスからまったく実を結ばず、最後は頭をぶつけることで記憶を取り戻すという古典的手法によりミッキー二階堂の記憶は戻った。たぶん記憶を失ってるときのほうが格好いい。

そういうわけで今回は秀逸なギャグ回だった。詐欺師のおっさんが「やってみなくちゃわからない」とか言い出したり、リーゼントが鳥に襲われたから記憶を失ったりと、キレのある展開が多くて笑ってしまった。

次回、第26話「おかしなイタズラやってみた!」

ミッキー二階堂によるスペシャル大会が開催される。新キャラとして「おしゃマトリックス」という二人組が登場するようだ。予告では聞き覚えがありすぎる声が聞こえてきたが果たしてどうなるのか。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)