【感想記】プリパラ 第94話 「カモンカモン・かのん!」

         

 『プリパラ』感想まとめ

腹黒ピンク

ジュルルの正体は赤ちゃんの姿になってしまった女神ジュリィだった。その原因については現状ではめが兄ぃでもよくわからないとのこと。すかさずドロシーから「らぁらに神チャレンジライブが発生したのは贔屓されたからではないか」という煽りが入るが、その点については女神は公平なのでありえないらしい。

「ズルくなぁ~い?」

ジュルルの世話については新アイテムの登場によって全員が行えるようになったため協力して行っていくことになった。これでらぁらの負担もかなり減ることだろう。

後日、算数のテストで13点を叩き出してしまったらぁらの勉強会をプリパラで行っていると、トライアングルの最後の刺客・かのんが登場。「超」という言葉をなにかと使うのが特徴的だ。しかし敵意を剥き出しにしてきたじゅのんとぴのんと比較すると、そらみとドレシをリスペクトするなど普通の良い子に見えた。このときは。

ライブは例によって「かりすま~とGIRL☆Yeah!」となった。同じ曲でありながらここまでキャラごとのカラーを出せるのは凄い。ちなみに自分はじゅのんVer.が好みだ。

ライブ後のマイクパフォーマンスにて、かのんがそらみとドレシを応援しているのは「レベルアップしてもらえないと倒しがいがないから」という腹黒さMAXの理由だった。そこから顧みるに、彼女がらぁらの13点の答案用紙をファンの前にさらけ出したり、それを必要以上に吹聴したり、カメラの前に立って被ったりという行動はすべて狙ってやっていたのだろう。結局は全員がバリバリに対抗心を燃やしていることがわかったが、その中でも一番やばいのはこいつかもしれない。

次回、第95話「かんぺきママみれぃ!」

ロゼットパクトによって誰でもジュルルの世話ができるようになったため、次回はみれぃが育児を担当するようだ。神回の予感しかしない。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)