【感想記】プリパラ 第109話 「サパンナからSOS」

         

『プリパラ』感想まとめ

チンパーティは禁止ぷり

プリパラ内の川で瓶に入ったSOSのメッセージを見つけたらぁら達。それはサパンナから届いたものらしい。気になった一同はプリパラを介してサパンナのプリパラへと向かうことに。どうやらプリパラは国や地域ごとに独立した場所になっているわけではなく、実はその内部は世界中で繋がっている存在らしい。もはや裏世界のようだ。

サパンナのプリパラはパラ宿とは違って完全に寂れていたものの、そのカオス度合いはなかなかの高さだった。まずサパ姉ぇとサパ兄ぃについては長らく人間と関わっていなかったためまともに喋ることすらできなくなっており、特にサパ兄ぃはチンパンジーの組合(通称「チンパーティ」)と楽しくやっている始末。それに加えてはななちゃんと雨宮にそっくりなパナナとアミヤという女の子が存在しているなど、まともな新キャラを作ってたまるかという制作陣の強い意志が見て取れる。

そんななか新キャラクターの太陽ペッパーが初登場していた。この段階では顔見せだけで一切喋っていないので名前も声優も明らかにされていないが、今後の展開に大きく関わってくる模様。

らぁら達はサパンナのプリパラを復活させるべくステージの大掃除をすることとなった。本来ならアイドルアニメに似つかわしくない場面なのに「プリパラを視聴している」という実感が猛烈に沸き上がってくるのは何故なのだろう。泥臭いシーンがプリパラにはよく似合う。

今回は結果的にはふわりの活躍が目立っていた。パルプス育ちを活かして草食動物のみならず最終的には虎まで手なづけてしまっていた。もはや能力のレベルに達している気がする。みれぃもサパ姉ぇとサパ兄ぃに言葉を教えるなどの働きをしていたものの、語尾まで移ってしまい今後が心配になる結果となってしまった。ひびきがサパンナのプリパラに来たら倒れるかもしれない。

サパンナのプリパラは再び活気を取り戻し、パナナとアミヤも無事に仲直りしてめでたしとなった。ただ最終的にアミヤもみれぃに一目惚れしてしまったらしく、誰かさんと同様にファンとなってしまったようだ。それを知ったみれぃは凄く嫌そうな顔をしていたが、彼女の中で雨宮はどういう立ち位置なのかが気になってしまう。

今回は神アイドルグランプリやジュルルとは無関係のカオス回だったが、ペッパーの登場により展開の広がりを予感させる回だったように思う。前回で幻となっているトリコロール結成も含めて今後が楽しみだ。

次回、第110回「水泳大会ぷり!イゴ!」

プリパラでアイドル水泳大会が開催されることになった。3つの組に分かれ、様々な種目で競い合うアイドル達。しかしいずれの組も実力は五分五分でなかなか勝負がつかない。そこで勝ち負けを決める最後の種目として、みれぃとシオンの直接対決が組まれることとなった。果たして、勝つのはどっち…!?

放送情報|プリパラ|アニメ|TOKYO MX

季節外れの水着回。見ていて寒い。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)