【感想記】プリパラ 第102話 「変幻自在!ジュエルチェンジぽよ♡」

         

シリーズ最凶回。

『プリパラ』感想まとめ

あらすじ

最初の神アイドルグランプリを終えて一息つくらぁらたちのもとにプリパリにいる紫京院ひびきから連絡が。ひびきの推薦で、ある有名映画監督がみんなを主役に映画を撮りたいというのだ。盛り上がる一同の前に現れた監督とは…!?

放送情報|プリパラ|アニメ|TOKYO MX

シオぽよを聞かせておくれ

プリパリから訪れた有名映画監督は「メカ姉ぇ」という見るからにヤバそうな奴だった。すべてのめが姉ぇのプロトタイプとも言える存在なので凄いと言えば凄いのかもしれない。かくしてメカ姉ぇを監督に据えて映画を撮影することになった。

硬派なシオンは映画の撮影自体を拒んでいたのだが、それに当てつけるかのように主役に抜擢されてしまう。おまけに映画のタイトルが「からふるシオンちゃん」であり内容もカラフルであげぽよだったためシオンは完全に正気を失ってしまう。ドロシーやみれぃも牛の足役にされていたりと、早くも誰も得しない状況になってきた。

さらにガァルマゲドン乱入のパニックによりそれぞれが普段とは違うコーデ属性のジュエルを手にとってしまい、いわゆるキャラ崩壊を引き起こしてしまう。

  • ラブリー:シオン、あろま、ドロシー
  • ポップ:そふぃ
  • クール:みれぃ、レオナ
  • セレブ:らぁら、みかん、ガァルル

全員が普段から最もかけ離れた性格になっていることに悪意しか感じない。しかもこのまま映画の撮影をすることにもなってしまった。

シオンから「シオぽよ」のセリフを引き出せれば撮影は終了するのだが、それを頑なに拒むシオン。そのたびに大暴れによる故障と雑な修理を繰り返すメカ姉ぇ。気がつけばかつてはメカ姉ぇだった化け物がそこにいた。ただでさえカオスなのにあじみ先生も乱入してきたりと脳が追いつかない。

ジュルルにもピンチが襲いかかったところで観念したシオンは、ついにシオぽよを発動。一分に満たないこのシーンにはプリパラの狂気や面白さ、声優の矜持など色々なものが含まれてるように感じた。

この回はプリパラの全140話の中でも屈指のカオス回である。またここまでは比較的おとなしめだった福田裕子脚本の破壊力を視聴者に強烈に印象づけるきっかけにもなった。自分がプリパラにハマるきっかけとなったのは第84話で大号泣するほど感動したのが大きいが、この第102話で大爆笑できたことも要因のひとつである。そしてその両方の脚本を担当したのは奇しくも福田裕子氏だったりする。

次回、第103話「落第アイドル始めちゃいました(T T)」

(T T)



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)