【感想記】プリパラ 第101話 「キタ!神アイドルグランプリ!」

         

姉妹っていいもんですね。

『プリパラ』感想まとめ

あらすじ

ついに始まる第1回神アイドルグランプリ!ここで優勝したチームが、最初の神コーデアイテムである神アクセを解放する事ができるのだ。神アクセ解放の栄誉をかけて激突するライバルたち。果たして優勝チームは?

放送情報|プリパラ|アニメ|TOKYO MX

培ってきた実力

いよいよ第1回神アイドルグランプリが開催。優勝者には神ヘアアクセの封印を解く栄誉だけでなく、本戦出場の権利も獲得できるという意外にも重要な大会だったようだ。

ライブの順番は「ドレシ→そらみ→トライアングル」となった。ご存知のとおり、このシリーズのライブ対決において先攻は圧倒的に不利である。そのため自分自身もトライアングルの優勝が固いのではないかと予想していた。実際にトライアングルのライブを見たらぁらも「だめだ……負けた……」と弱気なことを言い出す始末。みれぃの表情からもトライアングルのライブの完成度が高かったのは明らかである。しかしそんな中でそふぃだけは「そうかしら」と二人とは違う何かを見通している様子。

そふぃのセリフの意味は結果発表で明らかになった。トライアングルに大差をつけて、そらみスマイルとドレッシングパフェが同時優勝したのである。トライアングルは確かに才能に溢れたチームなのだろうが、やはり初出場で勝てるほど甘くはないようだ。天才であるそふぃの目はそれをいち早く見抜いていたのだろう。そらみとドレシはこの二年間を切磋琢磨してきたわけであり、その実力はもはや新人では到底敵わないレベルにまで達しているのかもしれない。

その後、トライアングル陣営のガバガバっぷりによってついに正体がバレてしまった。問題にでもなるかと思いきや、むしろ「ひとり三役」かつ「らぁらの妹」であることが話題になって周囲からは好評な様子だった。のんも言っていたがひとり三役には限界があると思うし、これをきっかけに正式なチーム結成に向けて動き出せるので良いきっかけになっていくことだろう。

今回はイケイケの新人を実力者があっさりと跳ね退けるというバトル漫画的な展開がわりと熱かったと思う。作中におけるそらみとドレシの凄さを視聴者に伝える働きもしていた。そらみとドレシもどちらも素晴らしいチームだと再認識できたし、互いにライバルとして競い合っている構図は改めて良いと思えた。

次回、第102話「変幻自在!ジュエルチェンジぽよ♡」

伝説のやべえ回が来てしまいました。



コメント

  1. 匿名 より:

    ノンちゃんほんとのすがたかわいい
                 

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)