【感想記】アイドルタイムプリパラ 第19話「旅立てアイドル! レッツ・イゴー!」

【感想記】アイドルタイムプリパラ 第19話「旅立てアイドル! レッツ・イゴー!」 アイドルタイムプリパラ

本放送日:2017.08.08

アニメ『アイドルタイムプリパラ』第19話より先行場面カット到着 | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】 2014年7月から『プリティーリズム』シリーズを継承し、3rdシーズンまで放送された『プリパラ』が新アニメ『アイドルタイムプリパラ』として2017年4月より放送中! その第19話「旅立てアイドル!レッツ・イゴー!」よ...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

再会は敵同士

「出ていってもらいまぁす♪」とめが姉ぇに告げられたゆい達。しかしどうやら追放というわけではなく、パパラ宿の宣伝大使として各地を回る旅に出るという話のようだ。「アイドルタイムシステム」はパパラ宿で先行実装されたシステムであり、それが一応の成功をおさめたということで全国のプリパラにも浸透させるのが狙いである。ゆいとらぁらはまずはペン台へと向かうことになった。

そこで偶然出会ったしげた吹子(CV:矢野亜沙美)ちゃんによれば、彼女が所属する吹奏楽部が次期部長の座を巡り内部対立状態にあり、なぜかその影響でプリパラ内部も真っ二つに割れている状態らしい。部活内の争いがどうしてプリパラにまで波及しているのかは謎だが、そもそもそういった細かい部分を気にするアニメでもない。

争っているのはサックスとトランペットなのだが、両陣営とも強力な助っ人を用意しているとのこと。その助っ人はサックス側がドロシーとレオナであり、トランペット側がタイトルからもお察しのとおり、東堂シオンだった。ここにきてようやく対面できた三人だったが、奇しくも互いが敵としての再会となってしまった。助っ人となった経緯はドロシーもシオンもペン台で行き倒れていたところを救ってもらったというのが理由のようだ。このシリーズは人が行き倒れし過ぎだと思う。

本来なら感動の再会になってもいいはずだがシオンは助っ人をやっている手前、ドロシーとレオナの側に行くのは助けてもらった恩人への義理が許さない。そうなるとドロシーも持ち前の強情さをいかんなく発揮してしまい、その場をまるで動こうとしない。かくして恒例の喧嘩が始まってしまうのだった。懐かしの光景ではあるのだが、今回に関してはそれが吹奏楽部の対立をさらに煽る効果になってしまう。

そんな二人の間を上手く取り持ったのが言うまでもなくレオナである。口では悪態をつくもののドロシーはシオンのことをかなり気にかけていたらしく、それをレオナから知らされたシオンも思い直してドロシーをライブへと誘う。こうして見ると二人とも内心では再会を喜んでいるものの、単に素直になれないだけだったようだ。やはりレオナはドレッシングパフェのそばつゆ。

いろいろと懐かしいライブ

こうしてひさしぶりにドレッシングパフェのライブを迎えた。約4ヶ月ぶりのライブなのに、曲もデビュー曲である「No D&D Code」であり、色々と懐かしさが迸りまくっている。三人揃っての新チームコーデもついにお披露目だ。

再建中のパラ宿で肉体労働に勤しむウサギはライブ映像を見て号泣していた。自身が担当するチームの復活に感動しているのか、落ちぶれた自分と比較しての悲しさからなのか。どちらにせよ気の毒なので早めに会いに行ってあげてほしい。

本人たちが言うようにドレシは三人の個性が強すぎて衝突が日常茶飯事だが、それを乗り越えるたびに強い絆を生み出している部分が強みでもある。そんな彼女たちの関係性は吹奏楽部にも影響を与え、結果的に仲直りすることへと繋がった様子。

また個人的に注目したのはドレシのライブを見たゆいが「チームっていいなあ……」とうっとりしていたシーンである。パパラ宿ではゆい・にの・ミーチルの三人がデビューしたわけなので頭数は足りている。全国行脚が終わったらパパラ宿初のチーム誕生が描かれていく伏線なのかもしれない。

今後はドレッシングパフェが正式に再始動するのかと思いきや、シオンはまだ旅を続けるようだ。その理由はいつも自分より一歩先を行くある人物を探しているからだという。現状ではそれが誰かは明らかになっていないが、行く先々に「いっちばーん」と書かれた張り紙があるので、あいつしかいないとは思う。

次回、第20話「ハッピー米マイバースデイ」

8月18日(米の日)は夢川ゆい爆誕の日ということで、来週は誕生日回。舞台となるポッカイドウはゆいとショウゴの思い出の場所であるらしい。いよいよ兄妹が素直になるときが来るのだろうか。

最初の巡業を終え、次に向かった先はポッカイドウ・プラノのプリパラ。らぁら達はアイドルタイムも貯めるべく、プラノのプリパラカフェでお手伝いをすることになった。食の宝庫の名の通り、プラノはご飯がおいしくカフェも大盛況。ユメプリカのおにぎりもあっという間に完売してしまった。ゆいは追加のユメプリカを調達しようとおつかいに向かうが、その途中ショウゴと出くわす。

エピソード アイドルタイムプリパラ|テレビ東京アニメ公式

コメント

  1. 匿名 より:

    ウサギのシーン良かったですよね。あと【本日のカオス】のシーンがやっと合致して嬉しい。
    13話のやつは恐怖が先行して、そう判断できませんでしたから....。