【感想記】キラッとプリ☆チャン 第18話「サマーなスペシャルやってみた!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

自家製あらすじ

デザイナーズ7の一角であるシークレットアリス主催のパーティに招待されたミラクル☆キラッツ。しかしパーティを楽しんでいたもの束の間、突如として限定コーデをかけたサマースペシャル大会の開催が宣言される。同じく招待されていたメルティックスターや他のアイドルたちはやる気を見せるが、一方でミラクル☆キラッツは普段とは違うセレブな雰囲気に飲まれて自信を無くしてしまう。

壊れりんか

シークレットアリスのパーティに招待された一同。シークレットアリスはりんかが特に気に入っているブランドであり、会場につくや大興奮。年頃の女の子らしい一面を見ることができた。

また会場ではシークレットアリスのデザイナーである一色カレンが登場。いったい何カル・レーンなんだ……。今回の内容から、やはりデザイナーズ7の面々は物語にそこそこ深く関わってくるのかなと思った。ハナコ(花屋の店主)とかも怪しいかもしれない。

また普段はモブキャラをぞんざいに扱っているアニメだが、今回は濃い目のキャラがいくつか登場。ただ二度と見ることは無いのだろうと思うと気の毒になる。マリーとミズリー(画像下)は普通に可愛かったので再登場させてもいいのかなとは思う。

破天荒が魅力

限定コーデをかけた大会ではアウェーかつ場違いな雰囲気に完全に飲まれてしまったが、何故かそこにいた「でたとこ勝負」に発破をかけられて無事に勝利。11話でもそうだったように、ミラクル☆キラッツの魅力は常識やデータにとらわれない純粋な姿にあるのだろう。それこそがマジカル・レーン一色カレンが求める要素であり、勝因にもなった。

また例によってあっさり負けたメルテックスターだったが、意外と平然としていた。彼女たちには三人チームになるべく動きだしてほしいので少しぐらいは落ち込んだりしてほしいものだが、このぐらいでへこたれるような二人でも無いのかもしれない。

次回「夏だ!ビーチだ!行ってみた!」

水着回!

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)