【感想記】キラッとプリ☆チャン 第152話「みんな集まれ!未来のプリ☆チャン守るッチュ!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

笑顔の奇跡

バグホールが地球に到達すると、その力によって地球そのものがバグって滅茶苦茶になってしまうという。ソルルの一連の行動はルルナと再び協力関係になるためだった。あれだけ大暴れしてたのに急にしおらしくなってしまったルルナが可愛い。

しかしソルルとルルナのライブではバグホールはびくともしない。いてもたってもいられなかったみらい達はバグホールのある宇宙空間へと向かうことに。それを可能にしたのは「いいね」の力だった。世界中から集めた「いいね」の力でキャッスル全体をバーチャル化して宇宙へ飛び立つことに成功した。仕組みがよくわからないが、この世界において「いいね」の力が凄いというのはなんとなく理解できた。

そして終盤特有の全員大集合ライブに。やはり困った時は物量で殴るに限る。ただ定番の流れながら全員が揃ったライブはやはり圧巻であり、最終回直前ということもありいつも以上に感動してしまった。

世界中の人を巻き込んだ効果もありバグホールは無事に消滅し、地球に平穏が訪れた。しかしそれで終わるほどプリ☆チャンは甘くない。ソルルとルルナは今後も発生するであろうバグホールを地球から防ぐ盾となるべく、この世界からはいなくなってしまうという。悲しい展開ではあるが、おそらくこの役割を果たせるのはソルルとルルナしかいないのだろう。アリスとイブの辛さは並々ではないだろうが、二人は今や互いを支える姉妹となったわけだし、この悲しさも乗り越えていくことができるだろう。むしろこうして二人が元の関係に戻れたからこそ、ソルルとルルナは安心して二人の元を去ることができたのかもしれない。

危機も去ったわけで待望のパレードも仕切り直しで開催となった。当初はイルミナージュクイーンとなったキラッツのパレードだったが、地球を救ったアイドル全員の凱旋パレードに変更となったようだ。華やぐパレードの上空ではそれを嬉しそうに眺めるソルルとルルナの姿があった。将来的にバグホールの対処法などが解明されて、二人が地球に戻ってこれるようになる的な展開を妄想したい。

次回、第153話「キラッとプリ☆チャンやってみよう!」

最終回です。

0

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)