【感想記】キラッとプリ☆チャン 第142話「とりかえっこ!イブちゃん、お店はじめるッチュ!」

         

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

合わさってみた

アリスが実の姉であることを公に発表したイブ。それに伴って父と母ともついに再開することができた。やはりこの世界の親にまともなのはいない。

輝コーポレーションは姉妹で共同経営していくことになったのだが、両親の提案により一日だけこれまでの立場を交換してみることに。つまりアリスが社長業を、イブが店長を務めることになった。

アリスはその社交性と独自の発想で意外にも順調に社長を勤め上げる一方、イブは肩に力が入ってしまってやることなすことが上手くいかない。イブは「アリスのように」と考えてしまっており、それが空回りの原因となっているようだ。いつもはサポートしてくれるルルナがいなくなってしまったのも関係あるのかもしれない。

転機となったのはソルルやみらいのアドバイスだった。アリスが我流で社長を勤め上げているのだから、イブも我流でお店を経営すればいい。社長業で培ったリサーチ力で最適な立地やメニューを考え出し、それに加えてソルルという有能すぎる部下を手にしたことによってお店を大繁盛させることに成功した。やはり若くして社長をこなしていたのは伊達じゃない。

その後、アリスとイブの姉妹ライブが公開されたことで盛り上がりは最高潮に。結果的にこの日の来場者数は過去最高を記録したとのこと。ちなみに姉妹デュオのチーム名は二人の名前を合わせて「ALIVE」にしれっと決定した。

そんな様子を悔しげに眺めるちびルルナ。自分がいなくなって早々にプリ☆チャンランドが最高に盛り上がっているのだからこんな顔になってしまっても無理はない。本格的に彼女たちの前に姿を表すのはいつになるのだろうか。

次回、第143話「イメチェンさら様  ドキドキふわふわだパン!」

しかし次回はさらメインの回であり、またもルルナがまともに登場することは無さそうですね。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)