【艦これ】E4「あの海峡の先へ――」難易度甲 第一ゲージ 攻略後記

E4のボスは二段階ゲージとなっている。この記事では第一段階のゲージ破壊までを取り扱う。

編成

削りと破壊時で微妙に別の編成を採用する。

削り

とりあえず優先するのはボスへ到達することなので制空は可能な限り多目に。照明弾は敵のカットイン率を下げる効果があるので使うべきだろう。探照灯はボス以外ではデメリットになるので削りでは使用しない。空襲マスも撤退要員になりやすいので時雨を対空カットインとした。

そして単艦退避も活用していく。退避のタイミングとしてはSマス以降を目安とした。とりあえず残り3~4隻だろうとボスへ到達できれば支援や航空隊、割合ダメージでボスの耐久はかなり削れる。繰り返し言うが優先すべきはボス到達である。

ゲージ破壊

すべてを通して純粋西村艦隊でクリアしたかったが、苦戦したので泣く泣く潜水艦デコイ戦法を採用した。第二ゲージは純粋西村艦隊でクリアするつもりだ。

潜水艦を加えることでZ9以降の夜戦マスおよびボスでの第二艦隊の攻撃をほぼ吸い上げることができる。補強増設があるなら空きスペースを活用して応急修理要員×2にしたり潜望鏡を載せたりと幅が広がる。ダメコンの使用が前提となるので削りには向かない。

満潮に載せている探照灯は道中夜戦でも狙われることになるが、ボスマスで要となる扶桑・山城の被害を軽減することになるので恩恵は大きい。

ちなみにこの編成だとRマスを経由することになるが、そこまで苦戦するマスではない。潜水艦と入れ替える艦を最上にすると一戦増えること無くルートを通ることが可能だが、水戦を積める最上を外すのは現実的ではない。

支援・基地航空隊

航空隊は「陸戦1陸攻3」「陸攻4」をボスへ集中。

支援艦隊は道中・決戦ともに出す。ただし道中支援で求められる役割は夜戦マスで敵艦の数を確実に減らすことなので、命中重視の装備編成にしたほうがいい。自分は駆逐艦を電探のみの装備としていた。余っているのなら各艦に電探2個ずつ装備させるぐらいに命中重視にしてもいいかもしれない。

道中・ボス

画像のルートを通っていく(単艦退避使用時なので、Z7、Z8マスを通過しています。おそらくYマス到達時に二隻以上撤退していると上ルート)。ギミック解除時と重複するマスも多いので、鬼門となりやすいマスだけ紹介していく。

関門となりやすいSマス。ヌ級改はいつもどおりに脅威だが、他の艦を撃ち漏らしたときの雷撃も怖い。基本的には警戒陣で耐え忍ぶマスだが、単縦陣で先手を取って倒すのも方法のひとつかもしれない。

Z9マス。上三隻の駆逐艦は高確率でカットインを飛ばしてくるので道中支援が葬ることを祈る。

PT子鬼がお目見えするZZ1マス。5隻編成なので道中支援がよく刺さる。駆逐艦を上位に据えるなどして確実に倒せるようにしたい。

ボス前となるZZ2マス。内容としてはZ9マスと似ている。

とりあえず夜戦マスは低耐久のカットイン艦がひしめいているので、道中支援で半分以上を倒すことを祈りつつ、こちらの攻撃がなるべく先に刺さることを祈りつつ、敵にカットインが出ないことを祈るしかない。

ボスは「海峡夜棲姫」。どう見てもあの姉妹がモチーフだろう。

夜戦から昼戦へ移行する払暁戦となっている。ここでも鬱陶しいのはPT子鬼である。ダメージの出ない扶桑姉妹や最上の攻撃を吸い取られることが多い。また敵駆逐は容赦なくカットインを飛ばしてくる。戦艦5隻が目立つが実は夜戦においては脅威ではない。

昼戦では基地航空隊が残りの戦艦を倒してくれるのでボスへ攻撃を集中させられやすい。また西村艦隊には特効があるらしく大破艦でもダメージを重ねやすい。画像のように退避が三人いるような状態でも終わってみれば耐久の半分以上は削れた。ボス到達を優先すべきと言った理由はここにある。

結果

ここまではクリアした手前、偉そうなことを言ってきたが実はかなり苦戦した。当初は司令部施設を使わなかったので撤退が連続し、ようやくボスマスへ到達できたのは出撃9回目である。しかしそこからは単艦退避を容赦なく使いまくるゴリ押し戦法によりかなり安定してきた。最終的には4連続でボス到達したこともあり、出撃15回目でゲージ破壊段階へと突入した。司令部施設を使わなかった時間が無駄すぎた。

ラストへ突入するとボスが「海峡夜棲姫-壊」となる。装甲271と凶悪。

ゲージ破壊段階になってから出撃6回目。昼戦へ突入して基地航空隊の攻撃が終わった段階でこの状態。最後尾の扶桑が無事なのが非常に大きい。

もつれにもつれたが、ぎりぎりのところで扶桑の弾着観測射撃が発動し、無事に撃破。体感ではカットインが発動しないことが多かったが、このタイミングで決めてくれた扶桑には感謝するばかり。

ゲージ破壊段階ではやはり潜水艦が大活躍してくれた。女神を消費するのは痛いが道中の安定感はやはり凄まじい。

出撃記録は以下のとおり。司令部施設を使う前の出撃に目を瞑ればそれなりに順調だったと思える。

おわりに

序盤は死にそうになったが、終わってみればそこそこの出撃回数でクリアできたという印象。いよいよ最後のゲージが出現した。純粋西村艦隊でクリアする所存だ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)