【感想記】プリパラ 第98話 「ひとり三役は大変なのん!」

         

『プリパラ』感想まとめ

あらすじ

そらみスマイルの3人がスーパーサイリウムコーデを手に入れ、最初の神アイドルグランプリ開催も間近に迫った。いよいよトライアングル3人でのライブを披露しようと考えたかのんとウサチャは、二人の出会いを思い出していた…

放送情報|プリパラ|アニメ|TOKYO MX

凄いのん

視聴者的にはわかりきっていたものの、かのんの正体がらぁらの妹・のんであることが公式に判明。綿密な計画によってかのん・じゅのん・ぴのんという理想のアイドルを考案したのんだったが、その演じ分けを可能にしたのはジュルルがジュエルを与えてくれたことがきっかけとなったようだ。ジュルルとしてはプリパラの常識を覆す一人三役を行ってまでアイドルの頂点を目指したいというのんの目標を応援したかったのかもしれない。

肝心の三人同時のライブはウサチャ制作のホログラムを出力する機械を利用することで可能となっているらしい。ウサチャの技術力も凄いが、それ以上に驚かされるのは全く違うタイプのアイドルを演じきっているのんだろう。アイドルとしての素質で言えば小学四年生ながらもずば抜けているように感じる。もちろんそんな彼女を演じている田中美海という声優がもっと凄いのは言うまでもない。

そしてついにトライアングルの三人? が揃った初ライブとなった。じゅのんとぴのんの口上だけ微妙にノイズが入っているのが細かい。

こうしてライブを見てみると、確かにそれぞれの個性が強くありながらもまとまりのある完璧なチームだと思わずにはいられない。現実的にはのんの一人三役なので色々と限界がありそうだが、本当に別個の存在だったとしたら限りなく天下に近い存在だったかもしれない。

田中美海さんのインタビューによれば、各キャラの演じ分けについて最も苦戦したのは意外にもかのんだったらしい。振り切っているじゅのんやぴのんは逆に個性を出しやすいという理由だそうだ。歌い分けについてもこの中で語られており、ファンとしては興味深い話が多いので是非読んでほしい。

このライブによりトライアングルもスーパーサイリウムコーデを獲得。のんはジュルルのお世話も積極的に行っていたし、そのポテンシャルの高さもあるので当然の結果と言えるだろう。チームとして神アイドルグランプリへの出場権を得たのはそらみスマイルに続いて二番目となる。

第一回の神アイドルグランプリも三週間後に迫っているということで、それまでの期間でどれだけのチームが出場権を得られるのかというのが今後の焦点となっていくのかも知れない。特にドレシはそらみスマイルのライバルとして頑張ってほしいところだ。

次回、第99話「青春ジャンピンスナッピン!」

そういうわけでドレシ回となった。合宿を行うということで神回間違いなし。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)