【感想記】プリパラ 第116話「消えたマネージャー!謎のサパンナ少女」

【感想記】プリパラ 第116話「消えたマネージャー!謎のサパンナ少女」プリパラ

ちりのん

TVアニメ『プリパラ』第116話より先行場面カット到着 | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】 現在放送中のTVアニメ『プリパラ』が2016年4月より3rdシーズンに突入! 毎週月曜 夕方6時30分から、毎週火曜 夕方5時55分に放送時間も変わり、絶賛放送中の本作の第116話「消えたマネージャー!謎のサパンナ少女」より先行場面カットが到着したので、あらすじと併...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

ペロっとしてピタッとする

平和なはずのプリパラ内でマネージャー連続疾走事件が発生。その犯人はしばしば登場していたサパンナの少女だった。彼女はライオンに育てられたこともあり、当たり前のようにマネージャーを食料として捕らえまくっていた。ライオンの母親によれば彼女の名前は太陽ペッパー(CV:山下七海)というらしい。ネーミングが前衛的すぎる。ペッパーもアイドルになるために来たのかと思いきや、「世界の王者になれ」という母親の言いつけを実現するために旅に出た結果、パラ宿のプリパラへと行き着いたようだ。おそらくらぁら達がサパンナへ行ったルートを使って来てしまったのだろう。

ペッパーの性格をひと言で言うなら「自由奔放」である。彼女によって憩いの場所であるはずの広場は、マネージャーをこんがり焼き上げるための生贄の祭壇と化してしまった。のんが彼女を静止しようとするもまるで言うことを聞かない。ちりちゃんに至っては極度の潔癖症でありながらヨダレまみれにされてしまい、発狂しながら水芸を披露する始末。ウサチャはこの三人がいがみ合う様子から今までに無いチームの誕生を見出したようだったが、普通に考えればこいつらが相容れる姿なんてまったく想像できない。

とはいえ最終的にはペッパーは親愛の「ペロピタ」によりらぁら達を対等な存在と認めたようだった。保護者役もとりあえずはグロちゃんが務めるらしいので一安心だろうか。ただやはり潔癖症のちりちゃんとペロピタの相性が悪すぎる。のん・ちり・ペッパーがチームを組むのは既定路線ではあるのだが、まずはちりとペッパーの関係性をどうにかしないと始まらない気はする。

それ以外の進展としては、ついにプリパラ外のちりとのんが出会ってしまったことだろうか。ちりちゃんはプリパラ内の自分の態度を詫びるため、清々しいほどの土下座を繰り出していた。この瞬間を視聴者は心待ちにしていたわけだが、それにしても名シーンすぎる。

プリパラ外でのちりちゃんの性格を知れば、のんの気持ちにも何らかの変化が訪れるかもしれない。ペッパーも登場したということで、色々なことが一気に動き出したように思える。

次回、第117話「女神、アイドル始めちゃいました」

神アイドルは世界中の人々の心をつかみ、みんなに笑顔と夢を与え続ける――神アイドルについての特別授業を受け、刺激を受けたらぁら達は神アイドルになりたいという思いをますます強くさせていた。そんな中、みんなの前に女神ジュリィが忽然と現れ、プリパラ内は騒然とする。

テレビ東京・あにてれ プリパラ

育児終了のお知らせ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました