【感想記】プリパラ 第106話 「神アイドルグランプリ終了です」

『プリパラ』感想まとめ

あらすじ

第2回神アイドルグランプリを目前に、気合を入れ直すそらみスマイル・ドレッシングパフェ・ガァルマゲドン。一方、ジュルルの存在が公になってしまったことで、めが兄ぃたちは大騒ぎ。今後の神アイドルグランプリとジュルルへの対応について行われた、「緊急めが兄ぃ投票」の結果、神アイドルグランプリの中止が決定してしまい…

放送情報|プリパラ|アニメ|TOKYO MX

女神からの祝福

ジュルルの存在が各国のめが兄ぃにバレたことにより神アイドルグランプリが中止の危機を迎えてしまう。それに加えてジュルルもプリパリに引き取られそうになってしまうが、パラ宿めが兄ぃの謀反によりらぁら達はひとまずその場から逃げ出すことに成功。めが兄ぃ同士の戦いはセクシーコマンドーのような意味不明極まりないものだったが、アイドルの笑顔を優先して世界を敵に回すパラ宿めが兄ぃは不覚にも格好良いと思ってしまった。

またガァルマゲドンはプリパリめが兄ぃを妨害してらぁら達の手助けをしたことにより、結成からわずか一日で解散を宣告されるという気の毒なことに。その後、三人はジュルルの無事を祈念する意味を込めてラストライブを地下パラでひっそりと行うことに。しかしそんな切ないはずのライブ後に、突如として女神ジュリィが出現。今回のプリパリ側の強硬姿勢は目に余るものがあり、それを女神として看過するわけにはいかなかったのだろう。身を挺して自分を守ってくれた感謝の意味もあったはずだ。異例中の異例の措置で、第二回のグランプリの賞品である神スカートはガァルマゲドンに与えられることになった。異議なし!

今回で104話から3話続いたガァルマゲドン回が一応の区切りとなった。104話、105話、106話はガァルマゲドンの天真爛漫さやその絆の深さが見事に描かれており、プリパラ史においてガァルマゲドン三部作と読んでもいいぐらいにまとまっていると個人的には思っている。

次回、第107話「緊急会議!びんわんマネージャーだクマ!」

総集編の皮を被った神回。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)