【艦これ】E4『迎撃!士魂の護り』丙掘り&難易度甲 攻略後記

いい加減この流れも飽きてきたが、今回もまずは丙掘りを行わなければならない。ただこの海域は通常艦隊で展開する作戦であり、また二段階ゲージというわけでもない。その点では気楽である。そう思っていた。

「択捉」丙掘り

占守も同時に狙える海域だがE3ですでに掘り済みなので、狙うのは択捉のみである。

編成

ここからは札制限が事実上無くなるわけなので、好き放題に戦力を投入できる。

阿武隈が使えないので、連撃&陸上艦特攻のできる大淀を採用。旗艦が荒潮なのは単にレベリングをしたいからで、実際は特攻のできない秋月あたりがいいかもしれない。ただ敵は道中・ボスともに脆弱なので、そこまできっちり考えずとも容易に周回はできる。

基地航空隊はボスへ集中。相手は連合艦隊なので、いかに初手で数を減らすかが大切となる。

結果

先ほども言ったように道中で撤退要因となるようなマスもなく、ボスでS勝利を取るもの容易い。資材の減りも連合艦隊に比べれば軽いので気楽に周回できる。

ただ結果的にはそれほど周回数がかさむこともなく、4週目にて邂逅した。

(※ネタバレ画像注意)

国後、占守と違いガチの犯罪臭がする容姿である。これで海防艦が3隻となったが、これは将来的に海防艦を積極的に運用することになることを示唆しているのだろうか。それとも社会的なメッセージか何かなのだろうか。

出撃記録。攻略へ移ろう。

攻略(難易度甲)

編成

掘りのときとは編成がかなり変化する。定番となっている潜水艦でルート固定をする編成を採用した。

空母に雑魚を一掃してもらい、残りを航巡が叩くという編成。潜水艦を使うメリットとして「最短ルートに固定できる」「道中・ボスともにデコイとして活躍してくれる」が挙げられる。特にこの編成だと特攻装備の航巡がひとりでも大破するとボス撃破がかなり難しくなるので、北端上陸姫の攻撃を吸い取ってくれるのは大きい。

デメリットとしてダメコンを使うことがある。Cマスのヌ級は先制対潜攻撃を仕掛けてくるので、その後の昼戦で潜水艦はかなりの確率で大破することとなる。結果的にダメコンを発動させる前提で進撃せざるを得ない状況になりやすい。ダメコンは貴重なアイテムだし、なにより心臓に悪い。使用を避けたい場合は道中支援を活用するなどして、ヌ級を開幕時に葬れるような工夫をしたほうがいい。

問題のCマスとヌ級の先制対潜

支援艦隊については決戦支援のみを利用した。前述のとおり、ダメコンの使用を極力減らしたい人は道中支援も出したほうがいい。自分はダメコンがそれなりに余っていたし、何よりキラ付けの手間を省きたかったので出さなかった。ただ支援を使わなくても潜水艦が中破以上で堪える場合もあるし、逆に支援を使っても大破することはあるだろう。このあたりは実際に出撃して感じる印象で決定するべきである。

ゲージ削り段階

難易度甲となっても道中の敵はそこまで強化されているわけでもなく、ボス到達率は非常に高い。ただやはりダメコン発動の瞬間は生きた心地がしないし、出撃前にも間違いなく装備しているかに気をつけねばならず、精神の消耗が尋常ではない。

言い忘れていたが、ボスは北端上陸姫。

丙だと非常に柔らかい存在だったのに、甲では特攻でも倒しきれないこともある。厄介な存在である。

ただS勝利はなかなか取れないものの、撃破直前まで追い込むことはできるのでじわじわとゲージが削れていく。そして出撃5回目で初めてのS勝利となり、それと同時にゲージ破壊段階に突入した。

ゲージ破壊段階

地獄を見たのはここからである。最終段階になると随伴艦が強化される。特に鬱陶しいのは戦艦ル級flagshipである。潜水艦のデコイが効かないし、それでいて一撃で大破させてくる火力を備えている。しかも硬いので夜戦まで生き残ることも多く、航巡の攻撃が分散させられることもままある。

この編成は夜戦要因が二人しかいないわけなので、片方でも中破、大破になってしまうとかなり絶望的である。その最も避けたい状況を敵戦艦によって何度も作り上げられてしまい、とにかくめげる。空母の火力で随伴を蹴散らしてもらうことが唯一の頼みなのだが、これも敵の回避が高いのか全くと言っていいほど当たらない。不運で片付けるにはあまりにも理不尽な展開の連続で、気がつけば最終段階になってからの出撃回数が、削りのときの出撃回数を超えていた。なにより辛いのはダメコンが減っていくことである。十分にあると言っても、イベント報酬でしか入手のできない貴重なアイテムである。出撃一回の重みが全く違う。

最終段階から出撃すること7回目。砲撃戦前に敵は残り三隻のみという好機到来。さらに因縁のル級も夜戦までに葬ることができ、しかも航巡は二隻とも生存。決めざるを得ない状況に。それでもこの段階でも浮かれてはいない。それほどここに至るまでの絶望は大きいのである。

砲撃戦前
夜戦前

ただ波乱があるわけもなく、夜戦にて筑摩が決めてくれた。ようやく解放された。

出撃回数はトータルで12回。印象としてはE2と同じぐらいに鬱陶しい海域であった。今回はドロップで僥倖が続いているだけに、攻略で不運としか言えないような苦戦が多いように思う。

海域突破ボーナス

実直な仕事には、相応しい報酬を。

「爆装一式戦 隼III型改(55戦隊)」。爆戦の基地航空隊版というような性能。少しだけ対空値が欲しいけど、それなりでいい場合などに使うのだろうか。

「熟練搭乗員」と「勲章」。

「試製甲板カタパルト」。春日丸の改装にカタパルトが必要になるので、それ用の報酬だろうか。

おわりに

ゲージ削り時と破壊時の難易度の乖離に苦しめられたという印象。掘りが順調に終わったことだけが救いの海域であった。

いよいよ最終海域である。さっさと終わらせて自由になりたい。あと神威はよ。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)