【感想記】キラッとプリ☆チャン 第137話「イブを救え!プリ☆チャンファンタジーだッチュ!」

         

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

イブがおにぎりに!?

イブがルルナの作った「月の塔」に閉じ込められてしまった。見た目は普通の塔だが実はバーチャルによって作られた塔らしく、近づくのは危険が伴うとのこと。そこでプリたまGOのゲームアプリである「プリ☆チャンファンタジー」の世界を通じて塔へと乗り込むことになった。一気にシリアス感が無くなってきた。

ファンタジーの世界ということでそれぞれに適当な職業が割り当てられた。バランスが良いのか悪いのかよくわからないパーティだが楽しそうではある。ただ回復役がいないので中盤で詰みそう。

そんなこんなで月の塔に到着するとノリノリのルルナがお出迎えしてくれた。前回のシリアスな感じは微塵も感じられない。相変わらずのプロ魂を感じる。

また塔内には例のヤバい人が米を炊いて待っていたが、実は「時の番人」という超重要キャラであることが判明。懐かしのアイドルウォッチを使って巧みに時間を操作していた。やはり塔の攻略はお手の物と見える。

再びイブの元へ行くと本気をルルナが巨大化して襲いかかってきたが、猫の本能が発動してしまい隙だらけの状態に。みらい達はイブをおにぎりにすり替えるファインプレイによって無事にイブを取り戻すことができた。

前回の終わり方的に一気にクライマックスへと持っていくのかと思いきや、全くそんなことは無かった。蓋を開けたらカオス回でした。

次回、第138話「イブちゃん笑って! ウィンターリゾートだッチュ!」

一転して日常回。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)