【艦これ】E1「第二遊撃部隊、抜錨!」難易度甲 攻略後記

ボスルートを出現させるギミックを解除する必要があるが、大して難しいわけでもないので割愛する。

編成

攻略用編成

ギミック解除のために出向く必要のあるF・O・Pマスからボスマスまで、この海域の基本となる編成。ボス戦では夜戦火力の高い艦を最後に回したほうが良い。ちなみにKマスは潜水艦一隻で到達できるので問題ない。

削り時は基地航空隊をボスマスへ集中、ゲージ破壊段階では加えて決戦支援を運用するのがバランスが良い。

余談だが道中は今回から登場した警戒陣が素晴らしい効果を発揮してくれた。詳しい効果はわからないが回避と装甲がかなり向上するように感じる。他の陣形で中破や大破が相次ぐのであれば試す価値は大いにある。

Eマス用編成

ボスマスを出現させるギミックのひとつに「Eマスで航空優勢以上」という条件があるので、そのための編成。もう少し試行錯誤する余地もありそうだが、とりあえずこの編成で航空確保を取れたということで。

道中・ボス

道中はA-B-C-G-J-M-O-Sを通っていく。長い道のりだが道中は三戦のみなので意外と苦戦はしない。

Bマス。警戒陣でゴリ押す。

Jマス。警戒陣でゴリ押す。

Oマス(空襲戦)。警戒陣でゴリ押す。

そしてボスマス。ダイソンが本領発揮して邪魔極まりない。ただ夜戦ではこちらに分があるので良い勝負ができる。

結果

基地航空隊を運用する二週目からかなり安定し、ほぼストレートでゲージ破壊段階まで到達することができた。また削りでは海防艦が二隻もドロップして美味しゅうございました。

撃破段階ではダブルダイソンが登場。しかしこちらも決戦支援を投入することで有効に戦うことができた。結果的には連撃装備でもない潮がボスを撃破した。こんなもんよ。

余談だが旗艦に据えた低レベルの不知火がギミック解除からボス撃破に至るまでノーダメージで終わるというミラクルを繰り出した。イケメンすぎる。

終わってみればギミック解除を含めて道中撤退は一度もなく、ボスも準ストレートでクリアとなった。

海域撃破ボーナス

例によって目玉装備だけ触れる方式でいきます。

由良改二の初期装備である「零式水上偵察機11型乙」の上位互換。火力+2、対空+1、対潜+8、索敵+8、命中+3というキチガイ性能を誇る。とはいえ難易度乙でも入手できるんですけどね。

おわりに

E1からいきなりギミック解除で面倒だったが難易度は低かったのが幸いだった。攻略開始が遅めになってしまったが、それだけ情報が出揃い始めているということでもある。それらを駆使して有意義にイベントを進めていきたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)