【感想記】キラッとプリ☆チャン 第128話「アリスを守れ!サンシャインサーカスエリアの奇跡!」

         

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

キャットファイト

サンシャインサーカスエリアのプリンセスとなったアリス。それを記念したスペシャルライブが行われることになった。しかしルルナにとってアリスのライブは都合が悪いらしく、ソルルにライブを中止するように警告する。当然ながら言うことを聞くわけもないソルルだが、結局は偉い人の権力によって強制的にライブが中断させられてしまった。やはりスポンサーには敵わないのか。

ソルルが向かったプリたまGO内の世界では、アリスのライブを妨害するルルナの姿があった。アリスのために頑張るソルルとおっかない表情で激昂するルルナの衝突は迫力があったが、これが単に猫同士の喧嘩だと思うと急に微笑ましくなってくる。

その後、外の世界では成長したソルルが再び登場。アリスに「君のライブは僕が守る!」と言い残して自らがライブをしはじめた。もちろんライブを乗っ取ったわけではなく、ソルルがライブをすること自体がルルナの妨害から守ることになるようだ。

曲名は『Despertar del SOL!』。スペイン語で「太陽の目覚め」というような意味らしい。太陽とはもちろんソルルのことだろう。

曲調はこれまでの楽曲のなかでもかなり特徴的な感じ。情熱的でエキゾチックな雰囲気だ。ファララとガァララのときのように、マッシュアップが前提の曲という説もあったりなかったり。

一方のルルナはどうなったかというと、意外に大人しく帰っていた。どうやらルルナにはある「計画」があるらしく、その遂行には現状のソルルなら特に障害にはならないと判断したようだ。失敗するフラグにしか思えない。

今回の放送後、斎賀みつきさんがソルル役としてもライブに出演することが発表された。つまり今回の曲がライブでも披露されるということだ。いよいよ来週ということで興奮してきた。

次回、第129話「会社見学! これがカガヤキ・コーポレーションだッチュ!」

アリスとイブが接近。何か起きるだろうか。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)