NO MORE DENCHI

自身の身の回りはいまだに電池社会である。マウスはワイヤレスであるものの電池を入れないと動かない。歯ブラシも電動ではあるものの電池を入れないと動かない。最新なのか旧来なのかよくわからない中で生きている。

ただ電池が関わると面倒なことが多くなる。マウスも電動歯ブラシも電池の残量が減っても何も教えてはくれないので、ある時に急に活動を停止する。その時に電池の備蓄が無いと詰みである。そういうときは予備の普通の歯ブラシや有線のゲーミングマウスに頼ることになる。その点ではゲームボーイの方が親切だった。電池の残量が画面に表示されていた気がする。現代は電池に対して冷たすぎる。

ただ電池に頼る生活も微妙なものに思えてきたので、それから脱却するための運動を開始した。まず普段使うマウスも有線に変更した。静音マウスであることが絶対条件なのだがちょうど良いものが見つかった。

あえてシンプルなものにした。5ボタンの製品などもあったが、その辺りの操作は考えてみればキーボードショートカットやマウスジェスチャで事足りる。長く使うものほどシンプルな作りが良いというのは個人的な真理だ。

電動歯ブラシは有名な「ブラウン オーラルB」をこれまでも使っていたのだが、最新型は充電式になっていたので購入することにした。アップデートになった形だ。

充電部分に清潔感が保てそうなところが最も良かった。端子を挿入とかではなく、ノッペリした突起にノッペリした陥没を挿すだけなのでカビなどが生えにくい。前の歯ブラシは主に風呂で使っていたために細部に黒カビが生えまくって嫌すぎた。

これにて現状では身の回りで乾電池が必要なものは無くなったと思うので、完全に解放されたはずだ。ただ少し前に20本入の乾電池を購入してまったので、それの使いみちをどうするかに苦心させられそうだ。なんで買ってしまったんだろう。



コメント

  1. 匿名 より:

    ゲームボーイは赤いランプが元気に光っているかどうかで電池の残をはかってたなぁ。懐かしい!

    乾電池はアダルトグッズに使うとすぐ無くなるよ。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)