高級シャーペン『ジョッター(パーカー)』を買ってみた

高級シャーペン『ジョッター(パーカー)』を買ってみた おすすめツール
Photo by Amazon.co.jp

万年筆の抉るような書き心地は快感ではあるが、それが災いしてメモを取るときにサラサラと書くには向いていないように思う。そこでシャーペンに目をつけてみた。ボールペンでも良かったのだが、どちらかといえばシャーペンのほうが低コストだろうというだけの理由だ。ボールペンとは違って替芯の規格が統一されているのも大きい。そしてどうせなら一生使えるぐらいのものが欲しかったので少しお高めのシャーペンを選んでみた。ちなみに頂いたアマギフを使わせていただきました。

1,500円で購入した。一般的なシャーペンと比較したら高いが、高級筆記具ブランドとして名高いパーカー製と考えればかなりお手頃に思う。

届いたものを手にとってみるとコンパクトな見た目に反してしっかりとした重みがあり、それが心地よく手に伝わり筆記欲をくすぐってくる。書き心地に関しても問題は無し。高級とは言えシャーペンには変わりないのだから、とりあえずは「問題なく文字を書ける」というだけで自分としては十分だ。これを愛用して手書きをエンジョイしたいと思います。

コメント