【感想記】キラッとプリ☆チャン 第121話「キラッCHU落第ッチュ!?マスコット認定試験ッチュ!」

合宿回。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

夏休みということでビーチに遊びに来たキラッツたちだったが、その一方でマスコットの三人には第二回のマスコット認定試験が待ち受けていた。試験の合格は担当のアイドルたちを助けるということでメルパンとラビリィは果敢に取り組むも、キラッCHUだけは憧れの海を目前にして試験に集中できない様子。なめてんなこのネズミ。

そんなキラッCHUを他所にいつもどおり優秀なメルパンに加え、ラビリィも生来の真面目な性格とリングマリィをサポートしたいという想いによって次々に試験をこなしていく。それとは反対にキラッCHUは各試験で不合格を連発してしまい落第の危機に。キラッCHUはどちらかと言えばアイドルの姿になれなくなることが辛いわけではなく、キラッツを応援できなくなることにショックを受けているようだ。自業自得とはいえ気の毒になってくる。

そんなキラッCHUだったが、メルパンとラビリィに叱咤激励に加え、キラッツの三人の粋なメッセージもあって元気を取り戻し、なぜかその瞬間にめが兄ぃから試験合格が発表された。どうやらキラッCHUたちはマスコット十か条のなかでも最も大切な「あかるくなかよく、プリチャンします!」をその瞬間に達成したらしく、それにより無条件で合格となったようだ。今までの試験はなんだったの。

最終試験はライブを審査するということで、以前と同様に三人ライブ風となった。これはこれで良いのだが、いつかは三人が同じステージに立つのも見てみたいところだ。

これにてすべてが丸く収まったわけだが、ラストにて例のヤバイやつが少しだけ登場した。「ゲキカワ」と言っていたが現状ではどのような名字なのかは明らかにされていない。「激流川ゆい」とかだろうか。

次回、第122話「激かわアイドル!?ライスエリアでてんてこ米ッチュ!」

ライスエリアとは一体。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)