【艦これ】E6「追撃!第二遊撃部隊」難易度甲 第三ゲージ編【冬イベント2018】

いよいよE6最終ゲージです。ボスまでのルートを開放するには「基地空襲を3回優勢」を条件とするギミックがあるが、潜水艦を単艦出撃させて防空するだけの作業なので割愛。

攻略編成(第三ゲージ)

道中が第一ゲージとほとんど同じということで編成もまったく同じ。潜水艦デコイと警戒陣で道中を乗り切る戦法となっている。霞は削り段階では対空砲による連撃装備で構わない。

基地航空隊はHマスに一部隊を集中、そして残りをボスへ集中させた。第一ゲージと違ってOマスに派遣する余裕はない。

例によって支援艦隊は決戦のみです。

道中・ボス

前述のとおり道中は第一ゲージともろかぶりなので、新たに追加されたRマスとボスマスのみを載せます。

ボス前のRマス。一般的な空襲マスといった感じ。見た目ほど怖いマスではない。

ボスは空母水鬼。あまり見たことないボスだと思ったら登場は2014年秋イベントと、自分が着任する直前だった。

ボス単体ではそこまで強力な艦ではないのだが、随伴のダイソンやヌ級が鬱陶しい。

結果

駆逐艦が二隻いないと逸れることを忘れていたり、夜戦にいかずになぜか撤退させたりと凡ミスが多かったが、それを除けばボス到達率も高く、S勝利も二回達成するなど順調な削りとなった。出撃6回目にて最終段階へ突入。

最終段階では随伴にダブルダイソンが登場して難易度が跳ね上がる。

出撃8回目。昼戦終了時に随伴がダブルダイソンのみという良いのか悪いのかわからない状況で運命の夜戦へ。

初手の霞のカットインがボスへ突き刺さり、那智がダイソンの片割れを粉砕。そしてしんがりに控える足柄さんが1/2を引き当てて見事にボスを撃破してくれた。できすぎた展開だと自分でも思う。

特効艦全員の連携が光る素晴らしい展開でE6は幕を閉じた。

出撃記録は以下のとおり。運こそが最大の武力。

海域撃破ボーナス

難易度甲での限定報酬は「SK+SGレーダー」。対空+9は素晴らしいがどっちつかず感の強い装備であることは否めない。

おわりに

僥倖すぎる感じもあるが、これでE7に向けて余力を持って準備ができる。イベントも残り二週間を切ったが、焦らず、かといって弛まぬように攻略に臨んでいきたい。

 

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)