【艦これ】E2「六〇三作戦」難易度:甲 第二ゲージ編【冬イベント2019】

ルート短縮のギミックもありますが、無視してゴリ押す戦法を採用。

編成

※画像のバグっているところは「筑摩」です。

長門改二の胸熱砲はボスで活躍しているため採用を推奨。二番目が陸奥だと威力がより高くなる。正直なところ長門改二さえいればボスマスはほぼ余裕となるため他の艦は適当で構わない。

基地航空隊は陸攻4の二部隊をダブルダイソンのいるMマスに投げる。これでかなりの確率でダイソンを無力化できる。また道中支援・決戦支援はともに使うべき。

道中・ボス

QILMNPルート。ボスまでに3戦に加えて空襲戦マスもふたつあるので到達までに時間がかかる。

【Q】道中支援も使っていれば、攻撃機会は多いので意外と鬼門とはならない。

【I】戦艦二隻がいるためギミック解除時よりは怖くない。

【L】問題なし。

【M】基地航空隊を全振りすれば途端に怖いマスではなくなる。

【N】こちらもおそらく問題なし。

【ボス】ボスは「南方棲姫」。実に5年4ヶ月ぶりの登場となるらしい。自分もまだ艦これをやっていない時期だ。

ボス自体は脆弱なため苦労はしない。

結果

いきなりの撤退はあったものの、そこからは3連続でボス到達し、ゲージ破壊段階となった。ボスへ到達し、長門の胸熱砲が発動すればS勝利はかなり安定する。

最終段階となってからは支援・陣形・胸熱砲が噛み合わず第一艦隊と夜戦すらできない状況が続いたが、噛み合ったらあっさり終わった。余裕ですな。

海域撃破ボーナス

【二式陸上偵察機(熟練)】E1にて入手した無印の完全上位互換。行動半径9が最大の魅力か。

【GFCS Mk.37】秋刀魚イベにて先行入手できたが、高性能のためいくらあってもいい。水上電探と対空電探の両方の性質を併せ持っているので、E3でも活躍してくれそうだ。

【5inch単装砲 Mk.30改+GFCS Mk.37】射程中・対空11とこれまでの常識を覆すような小口径主砲。

おわりに

E2はどちらのゲージもかなり簡単だった印象だ。ここまであまり資材も消費していないし、かなり順調かもしれない。ただ早波はドロップしなかったため掘りに戻らなければいけない。憂鬱だ。

最終海域もさっさと終わらせてしまいたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)