【艦これ】最強の五月雨育成計画

五月雨は現状では改二実装がされていない艦なので、敵が強力なイベント最終海域などでは出撃させるのが難しい。とは言うものの自分にとっては初期艦という特別な存在であるので、可能なら海域を問わず活躍させてあげたいところだ。そういうわけで本格的に五月雨の育成に着手しようと思ったわけである。

なにをもって「最強の五月雨」とするかの目安としては、

  1. 耐久を上げる(海防艦改修)
  2. 運を上限まで上げる(まるゆ・海防艦改修)
  3. 対潜値を上げる(海防艦改修、レベリング)

などがあげられる。このうち、ひとつめの耐久上昇については実行しない。五月雨の耐久値は既に最も大破しにくいとされる4n-1の条件を満たしているからだ。また仮に耐久を上げたとしても、その後に改二実装されて4nになりでもしたら目も当てられない。不安要素が多すぎるので手を出さないのが無難だろう。

ふたつめの運改修については上限の59は目前だし、まるゆのストックもあるので次のイベントまでには達成できそうだ。運改修は50を超えると効率がガタ落ちになるようだが、このあたりはロマンなので上限までしっかりと上げておきたい。

最後の対潜値についてだが、これは「1スロットで先制対潜が可能になる状態(四式水中聴音機の場合、対潜値88)」を目標に据える。この条件が地味に難しく、実は素の値ではLv165でも五月雨は1スロで先制対潜することはできない。しかし海防艦改修の登場により最大+9まで対潜値を底上げすることが可能になったので、現在ではLv156で実現可能となった。

参考;【艦これ】各Lv対潜値計算

ただし「可能になった」というだけで、その道程は険しいものがある。そもそもイベントで活躍している時雨でさえも現在はLv152なのだから、それを上回らなければならない。Lv142をLv156にするには約280万の経験値が必要であり、4-3レベリングを1000周以上こなさなければならない。労力的にも資源的にも厳しすぎる。

とはいえ放っておけばレベルが上がるわけでもないので、できる限り効率化してレベリングを行っていくことにした。レベリングには比較的低燃費かつ安定して周回できる4-3を無難に採用。さらに複数の編成を用意して疲労抜きせずに連続出撃可能にした。一般的な提督なら当たり前にやっていることなのだろうが、個人的にはここまで本腰を入れて特定の艦をレベリングするのは初めてなのである。

編成記録は五月雨だらけに

あとはコツコツとやっていくしかないだろう。次のイベントには間に合わないだろうが、できれば夏には目標達成したいところだ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)