【感想記】キラッとプリ☆チャン 第8話「ヘア&メイクで おしゃれしてみた!」

【感想記】キラッとプリ☆チャン 第8話「ヘア&メイクで おしゃれしてみた!」 キラッとプリ☆チャン

本放送日:2018年5月27日

『キラッとプリ☆チャン』アニメ第8話 先行カット・あらすじ到着 | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】2020年にシリーズ10周年を迎える「プリティー」シリーズの新作アニメーション『キラッとプリ☆チャン』(2018年4月より放送中)より、第8話「ヘア&メイクで おしゃれしてみた!」の先行場面カットとあらすじが到着しまし...

場面カットはアニメイトタイムズの記事をご参照ください

謎のメイクアップアーティスト

今日も今日とて配信の企画を練る三人。しかしみらいとえもが考案する企画はそのどれもが突拍子もなく、マネージャーのりんかは頭を悩ませる。そんななか、めが姉ぇの提案で「キラキスモード」というファッション雑誌の読者モデルにエントリーをすることになった。選ばれるためにはメイク動画でいいねを多く貰う必要がある。しかしみらいとえもにはメイクの知識もなければ技術もないため何度やってもバケモノにしかならず、計画はいきなり頓挫気味だ。

一向にメイクが上達しないことに焦ったふたりは、コスメショップで無類の知識を振るっていたりんかに配信への出演を頼みこむ。しかし途端にりんかの表情は曇りだし、出演はあっさりと断られてしまった。今回のりんかの頑なな態度を見るかぎり、やはり過去にプリ☆チャンで何かがあったと考えるのが妥当だろう。過去に炎上騒ぎを経験しているとかだったら気の毒すぎる。

三人のなかで嫌な空気が流れてしまうなか、そんな状況を払拭してくれたのが例のキラキラのお姉さんだった。メイクは女の子たちに笑顔や勇気を与えるものだ。みらいとえもの配信が成功すれば、多くの女の子に新たな一歩を踏み出させることだろう。「友だちや女の子たちの笑顔のために、まずはあなたが勇気を出してみて」という言葉とともに渡されたのはサングラスだった。青葉りんかが配信に出られないのなら、カリスマメイクアップアーティスト「リーン・カー」として出演すればいい。バレバレな変装ではあるが何故か周囲にはまったく気づかれず、またそのメイク技術の高さから配信は大成功となるのだった。なんだかんだでノリが良いのはりんかの魅力だと感じる。

配信が終わったあとの、りんかの満足げな表情が印象的だった。今回の一件が、りんかがプリチャンアイドルへの一歩を踏み出すきっかけになることを願うばかり。

次回、第9話「ワタクシ、チャレンジしてみましたわ!」

次回は全世界待望のあんなライブ回になりそうな感じ。どうやらメルティックスターの二人はとある事情によりライブができない状況にあったらしい。その理由も含めて見逃せない回となりそうだ。

いつものように、調子に乗っているえもに突っかかるあんな。

しかし、えもが「あんなのライブが見たい」と詰め寄ると、あんなは途端に黙ってしまう。あんなとさらが組んでいたメルティックスターには、ライブができない事情があった。

エピソード キラッとプリ☆チャン|テレビ東京アニメ公式

コメント

  1. 匿名 より:

    「リーン・カー」のようなノリをりんかがすることは今となっては何も違和感はないのだけれど、初見の時は衝撃的でした。驚いたと同時に今後のカオスに期待できると思った印象的な回で好きです。