パーマリンクを翻訳するプラグインを導入

パーマリンクを翻訳するプラグインを導入 雑記

これまでは日本語でゴリ押ししていたのだが、やはり英単語に直せるならそのほうが良いということで、自動で英語で翻訳してくれるプラグインを導入してみた。

例えば「ニキビ薬を試す」の記事を例にすると、特に手を加えなければそのURLは「https://koedamebiyori.com/ニキビ薬を試す/」となるのだが、URLは日本語を使用することができないので文字化けを起こすのである。ウェブサイトというのは基本的にわかりやすさを求める性質があるので文字化けするのは悪いことでしかない。それが前述のプラグインの導入後は「https://koedamebiyori.com/test-a-pill/」というURLに自動で変換されるようになった。「ニキビ」というワードが抜けている気はするが英語にして見やすくするのが目的なので、この際その正確さには目を瞑ることにしたい。なおこのブログではプリティシリーズの感想記事については例外的に投稿ごとにパーマリンクを手動で設定しております(「pripara-10」「prichan-20」など)。

コメント