【感想記】キラッとプリ☆チャン 第97話「ついに開幕!  ジュエルコレクション! だよん!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

それぞれが何を思う

いよいよジュエルコレクションが開幕。最初はやる気のなさそうなだいあだったが、会場の盛り上がりっぷりを見るや自らノリノリで司会をし始めた。ちょろかわいい。余談だが今回のだいあは作画が妙に気合入っていた気がする。

当のジュエルアイドル達は意外にもいつもと普段と変わらない様子だった。壁を乗り越えてきたからこその落ち着きなのかもしれない。心の準備はここに来るまでにできていたというところだろうか。

ただジュエルコレクションは個々で競い合うからこその緊迫感や残酷さが多少なりとも描かれると思っていたので、妙に達観している彼女たちに違和感を感じたのも正直なところだ。緊張感が無いので現状ではダイヤモンドアイドルを決めるという体のショーにしか見えないのは少し残念ではある。

その点で言うとりんかは趣旨を理解して悩んでいる様子も描かれていて良かった気がする。普段はシルクちゃんバカなくせに要所で人間味に溢れるりんかちゃんは素敵だ。

今回でえも・あんな・りんかはライブを終えたので、残るは7人となった。一見すると順調に進行しているが、その裏でだいあの機嫌はどんどん悪くなっており不穏な空気は拭えない。

次回、第98話「まだまだ続くよ!  ジュエルコレクション!! だよん!」

予告を見る限りは四人を消化する模様。かなり駆け足になってきた。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)