【艦これ】E6「追撃!第二遊撃部隊」難易度甲 第二ゲージ編【冬イベント2018】

第二ゲージでは栗田艦隊を中心に遊撃部隊を編成する。

攻略編成(第二ゲージ)

難易度甲では最終段階のみ敵艦隊に軽空母が登場するため水戦で制空を取る必要が生まれる。改修の度合いによるが、基地航空隊をボスへ集中させる場合は3~5個で航空優勢が可能とのこと。当然ながら削りでは敵航空勢力は存在しないため水戦は必要ない。

長波の装備は好みが分かれそうなところ。今回はギャンブル要素は高いものの、発動すれば撃破の可能性が高い魚雷カットイン仕様とした。特効が存在するためD型砲×2による連撃でもかなりのダメージは期待できるし、また主砲・魚雷・電探でカットイン率を底上げする方法なども面白いかもしれない。

基地航空隊は陸戦1陸攻3を三部隊ともボスへ集中。支援艦隊は決戦支援のみを使用した。例によって道中は警戒陣で推して参る。

第二ゲージ出現ギミック

条件は「Iマス(輸送艦マス)でS勝利」「Kマス(空母棲姫マス)でA勝利以上」のふたつ。いずれも下スタートからの出撃で達成できるため、上記の攻略編成をそのまま使える。

Iマスは輸送艦もいておいしいマス。S勝利も簡単だ。

Kマスには空母棲姫がいる。強力な艦隊ではあるが条件はA勝利なので問題ないだろう。

条件を達成することで海域右下に新たなルートとボスゲージが出現。ボスのシルエットが不穏だ。

道中・ボス

攻略ルートの道中は通常戦3回のシンプルな構成。

Jマスは単縦陣固定なので駆逐・雷巡が狙われると大破する可能性がある。また倒し残しの雷撃も怖い。

Lマスは敵も警戒陣を使ったときのパターンが問題となる。こちらの攻撃が当たらないので高確率で雷撃をもらうことになる。

ボス前となるQマスも敵が警戒陣を使ったときが鬱陶しい。

ボスは戦艦棲姫。ついにダイソンも改装される時代に。

編成としては平凡だが、やはりボスの固さが最大の問題。耐久700・装甲240と、ステータスとしてはE4ボスの上位互換といったところ。

結果

第一ゲージと同様に最短3回でゲージ破壊可能ということで、出撃6回目にて最終段階へ突入。道中もそれなりに安定するし、またS勝利も二度達成するなど順調そのもの。

しかし当然ながら最終段階からはそうはいかない。道中やボス昼戦で島風・長波・北上らフィニッシュ担当が中大破することが多く決め手に欠ける展開が続く。またボスまで順調でもT字不利、反航戦によって敵を追い込みきれないことも多かった。

そんなこんなの出撃16回目。夜戦開始時で中破のダイソンのみとようやく期待できる状況に。

ダイソンのカットインを榛名が身を挺したディフェンスで防ぎ、島風が連撃で大ダメージを与え、最後は北上がギリギリで決めてくれた。なお長波のカットインは不発でした。

出撃記録はこんな感じに。やはり今回も「もっと早く決められたのではないか」という思いが頭によぎる。ただ警戒陣と単艦退避を駆使しての周回だからボスで決め手を欠くことが多くなるのは当然かもしれない。

次はいよいよE6のラストを飾る第三ゲージ。新艦のドロップも期待できるらしいので楽しみだ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)