【艦これ】E3「小沢機動部隊 全力出撃!」難易度甲 攻略後記【冬イベント2018】

くたばれぇ!

ギミック解除

毎回書くのも疲れるが例によってギミック解除がある。今回は「J→Nのルートが開放される」というもので、条件は「HマスおよびSマスの到達」となっている。

Hマスは潜水艦単艦で突撃するのが主流となっている。自分は単艦ということでいつもお世話になっている呂500(ろーちゃん)に突撃していただいた。唯一の戦闘があるBマスに基地航空隊を派遣したが、無くてもゴリ押しで行けるような感じはする。

Sマスは後述のボス攻略編成でそのまま到達可能。流れとしては先にHマスへ到達しておき、ボスへ行くついでにSマスを通過しギミックも解除というようになるだろう。これによってJからNのショートカットが可能になる。正直なところ絶対に解除が必要なわけでもないが、簡単なのでやらない理由も無いと思う。

攻略編成

史実小沢艦隊を中心とした(甲では8隻)空母機動部隊を編成する。

制空値に厳しいところがあるが、画像の編成で削り・最終ともに航空優勢を確認。ただボスに艦攻による特効があるらしいので、千歳千代田をカットイン仕様にし、伊勢日向に水戦を載せるというのも一考の余地あり。

攻撃順についてはそれほど考慮する必要はないが、夜戦でもつれた場合に備えて火力の高い艦(この場合は重巡)を最後尾に据えたほうが良いかもしれない。

基地航空隊は削り時は片方が防空、最終段階で両方ともボス集中とした。行動半径8が必要となるので陸攻4が基本となるだろう。また支援艦隊は削り時は使っていないが、決戦支援を最終段階にのみ派遣した。

道中・ボス

道中は空襲戦が二回、通常戦が二回となっている。

空襲マスその1のJマス。問題ない。

通常戦となるNマス。ヲ級がそれなりに怖いが、枯れて無力化になることも多い。

空襲戦その2となるQマス。若干怖いが基本的には通り抜けられるだろう。

そしてボス前となる通常戦のSマス。これまたヲ級が怖いが、Nマスと同様に無力化することもしばしば。

ボスはいつもの空母棲姫。

敵も連合艦隊となっている。

削り段階では強力な艦もいないのでそれほど苦労しないだろう。

結果

道中撤退もほとんどなく非常に順調な削りとなった。ところどころボスを倒しそこねることはあったものの、出撃7回でゲージ破壊段階となる。

しかし最終段階ではヲ級や駆逐艦が強化されるため難易度が跳ね上がる。さらにこの海域にはボスへの艦攻特効があるものの、それは逆に言えば空母によるカットイン以外ではあまりダメージが出ないということである。夜戦にあまり期待ができないため、昼戦で勝負が決まることが理想となる。

支援や基地航空隊を駆使し、順番を変えたりの試行錯誤をしての最終段階出撃三回目。昼戦にて残りはボスのみとなったものの耐久が多く残っており望み薄な展開。

しかし夜戦にてじわじわと削っていき、最後はそんなに期待してなかった加古が謎の大ダメージにてフィニッシュを決めてくれた。

雷巡の節約のために採用した古鷹加古だったが、こうしてしっかりと活躍してくれると胸が熱くなる。

出撃記録はこのように。最終段階では微妙に沼りそうになり、イベント特有の暗澹とした感情をようやく思い出してきた。とはいえ終わってみれば順調だったと言える。

海域撃破ボーナス

E3は報酬がはっきり言って微妙。難易度甲では「 四式戦 疾風」が手に入るが秋イベですでに入手しているし、そもそも性能がそれほど高くないので使い所に困る

他には「戦闘詳報」「新型航空兵装資材x2」「試製甲板カタパルト」が手に入る。個人的にはあまり気味なので、なんとかして用途を見出していきたい。

おわりに

E4で前段作戦は終了となるが洒落にならない難易度らしい。ここまでは優しかっただけに憂鬱だ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)