【感想記】ワッチャプリマジ! 第6話「闇プリマジスタ!?れもん現る!」

         

『ワッチャプリマジ!』感想まとめ

あらすじ

まつりとみゃむの前に心愛(ここあ)れもんとそのパートナー・きゃろんが現れる。極度の人見知りであるれもんは、プリマジスタとして登録しているものの、緊張のあまりまだ一度もステージに立てていないという。そんなパートナーを心配したきゃろんは、れもんがプリマジのステージにあがれるよう、新人のまつりに手助けをお願いしに来たのだった。同じプリマジ好きとして協力するまつりたちだが、想像をはるかに超える人見知りに全く打つ手がない。しびれを切らしたみゃむが、なんでこんなのとコンビ組んだんだ?と尋ねると、きゃろんの口から驚きの真実が……!

エピソード ワッチャプリマジ!|テレビ東京アニメ公式

キュン死奉る

心愛れもんとそのパートナーであるキャロン(CV:吉河順央)がまつりとみゃむに初接触となった。キャロンは見た目通り礼節をわきまえた性格なのだが、それとは対照的にレモンは人見知りでありながらまつり達のことを煽りまくってきたりとコミュニケーション能力が残念な様子。

一見するとプリマジという場所から最も縁遠そうな彼女をキャロンがどうしてサポートしているかと言うと、彼女はSNS上では「漆黒の明星」というハンドルネームとして有名な批評家であるらしく、その観察眼を高く買ったキャロンがパートナーを直訴したということらしい。プリマジを的確に評価できるということはひとつの才能の現れなのだろうが、キャロンとしてもそれ以外の部分がここまでダメダメだとは思わなかったのだろう。

そんな性格なのでプリマジデビューに踏み出せないのがれもんの悩みだったわけだが、そこに立ち上がったのがまたしてもひな先輩だった。まだ6話なのに先輩のサポートが光る場面が多い気がするがやはり人徳だろうか。れもんに生のライブを見せることで見事にプリマジへの情熱を燃やすことに成功したのだった。

また当初は舐めきっていたまつりに対しての感情も変化していきそうだ。ひな先輩を呼んだのもまつりの提案だし、そんな終始一貫していた献身さにすっかり気を許した様子。まつりが言うようにほぼ同期として友好な関係性を築ければそれがなによりだが、れもんの性格的に一歩間違うと某8画面さんのようにその愛情が重めになっていきそうで怖い。

次回、第7話「にゃんともユカイ☆ソーカイ☆魔法界!」

魔法界へ行くお話らしい。そんな簡単に行ける場所だとは思っていなかった。れもんの初ライブは果たしてあるのかが気になる。



コメント

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)