麻雀牌であそぶ

ホコリを被っていた雀マットと麻雀パイを引っ張り出してきて、山を積んだり牌を切ったりといったことを延々と繰り返している。字面的にはクソつまらなそうではあるが2日に一回ぐらいの高頻度で毎回一時間ぐらいは平気でやってしまう。小指の記事で書いたように山を積むことに苦手意識があったのだがそれなりの精度になってきたのが嬉しくあるし、また牌を切るにも「縦切り」「外切り」「内切り」と色々な種類があって違いを体感するのが面白い。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)