鳴き読みの本を購入した

ふと鳴き読みについてしっかりと勉強してみたくなったので、安心と信頼の平沢本を購入してみた。

やはり麻雀の読みにおいて信頼できてかつ頻度が高いのは対副露に対しての読みである。しかし考えてみるとそれを体系的に学んだ経験は無かった。この本がその教科書的になることを期待したい。

ざっと読んでみた限り「チー出し付近は危険」とか「役読み」などの基本的なものはもちろん、少し踏み込んだ内容もあって楽しめそうだ。知らない技術を習得するというよりは、この本を読むことによって新たな知見が開けそうな感覚がある。さらに麻雀本で自分が最も楽しみにしているコラムはなんと「雀魂」についてである。天鳳について触れる本は多いが、雀魂というワードが登場することに時代とその盛り上がりを感じる。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)