雨上がり

最初にニュースを知ったときはそれほど驚きはしなかったのだが、番組を見ているときに「もう二度とこの並びが見られない」という現実を急に実感してしまい少し寂しい気持ちになった。ガキ使、めちゃイケ、ワンナイなどのバラエティ番組を見て育ってきた人間としては、仕方ないとは思いつつも「雨上がり決死隊」という存在が完全に無くなってしまうことに喪失感を覚える。コンビとしての体裁を保ちつつも事実上の活動休止みたいな状態でもいいんじゃないかと思ったが、その余地を残さなかったことがこの決断の重みということなのかもしれない。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)