酒が飲みたくなるとき

再び酒を断ってから二週間ほど経とうとしている。ときどき飲みたくなるときはあるのだが、だからといってわざわざコンビニへ行って買ってくるほど飲みたいわけでもないのでかろうじて踏みとどまっている感じである。

これまでは酒を飲むことが日常だったので考えもしなかったのだが、自分はストレスが溜まったときに酒を飲みたがる傾向があるらしい。少し嫌なことがあったときに駅のホームに立っていると無性に酒を飲みたくなってくる。専門家に言わせると酒に逃げるのは現実逃避に過ぎないらしいが、個人的には楽しく酔っ払って、おまけにさっさと眠れるというのは大きいのである。

とはいえやはり健全とは言い難いので、今後はシラフでできるストレス発散法を見つけなければいけないのかもしれない。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)